映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

勇気あるもの Renaissance Man

Renaissance Man


1994年アメリカ 128分

<出演>
ダニー・デヴィート
グレゴリー・ハインズ
クリフ・ロバートソン
ジェームズ・レマー
リロ・ブランカートJr.
ステイ・ダッシュ
マーク・ウォルバーグ

会社をクビになった広告マンのビルは、職安で陸軍の教師の職をすすめられ、

ダブルDと呼ばれる落ちこぼれ兵士たちを教え始める。
“陸軍に入った理由”という作文を書かせ、発表をさせると、彼らが軍隊に入る以外

道がなかったことを知る。
ビルの読んでいた「ハムレット」に興味を持った兵士らに、「ハムレット」の授業を

始めると…。
人生に行き詰まった中年男性が、生き生きと学んでいく新兵達の姿を見て、

自分も彼らから希望を与えられていく。

 

 


教師と生徒ものの映画に弱い。
日本では、DVD化されていないようだが、素晴らしい作品だった。
D・デヴィートが良い!

 


好きなシーンは、ビルが兵士たちを追いかけて、一緒に綱を渡ったり
ロープで高い壁を降りていく場面。
D・デヴィートは、外見は冴えないけど、ゆるキャラな可愛らしさがある。

 

兵士たちのラップのシーンも。若き日のマーク・ウォルバーグも。


また、ビルがカナダまで生徒らを連れて行き、シェイクスピアの劇を
観せるシーンもよかった。
娘さんへのプレゼント場面も涙ものだ。

 

 

 【映画ロケーション】

 

訓練シーンは、フォートジャクソンの陸軍士官学校で撮影されたと言われている。