映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

アントワン・フィッシャー きみの帰る場所 Antwone Fisher

アントワン・フィッシャー きみの帰る場所<特別編> [DVD]

監督・製作:デンゼル・ワシントン
脚本・共同制作:アントワン・フィッシャー
製作:トッド・ブラック ランダ・ヘインズ
出演:デレク・ルーク デンゼル・ワシントン

 

問題ばかり起こす米軍水兵アントワンは、軍の精神科医であるダヴェンポートの

の診察を受けることになる。

最初は、反抗的だったアントワンだったが、やがて子供の頃の虐待について

語り始める。

 

以下ネタバレあり

 

 

脚本担当のアントワン・Q・フィッシャーの実話をもとに作られた作品。

上記動画は、アントワン・Q・フィッシャーのインタビュー映像。

 


アメリカ海軍艦船の乗組員アントワン兵曹は、興奮しやすくケンカっ早い性格のため

精神科医の診察を命じらる。

担当する精神科医ダヴェンポート中佐に、アントワンはなかなか心を開かない。

しかし、何回かの診察後、アントワンは自分の過去を率直に語り始めた…。

 

生まれる前に父を亡くし、女子刑務所で産まれたアントワンは、孤児院に入った後、

牧師の家の里子になるが、そこでの生活は聞くに堪えないものだった。

カウンセリングを続けるうちにアントワンは、徐々に心が落ち着きだし

愛する彼女とともに、自分の家族を探す旅に出ることを決意する。

 

 

児童虐待の話は、ラストがハッピーエンドでも観ていて辛く、またこれが実話

だと知りショックを受けた。

最近は、虐待のニュースが日常的になりつつあるが、科学がいくら進歩しても

理性は進歩しないのでしょうか?

 

 

(注意:エンディング動画)

デンゼルは、軍服の似合う俳優。今回の軍服姿もセクシーでした。

 

Finding Fish: A Memoir (English Edition)

アントワン・フィッシャー回顧録『Finding Fish』をもとに映画化した。

2001年の 大ベストセラー作品。

 

Who Will Cry for the Little Boy?: Poems

2002年12月ウィリアム・モロー社より発売

『Who Will Cry for the Little Boy』で詩人としてもデビュー。

映画でも詩が使われたシーンがあった。