映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

ハリー・ポッターと炎のゴブレット Harry Potter and The Goblet of Fire

ハリー・ポッターと炎のゴブレット (字幕版)

魔法界のメジャースポーツであるクィディッチのワールドカップを見に行く

ことになったハリー達。会場の空に闇の印が打ちあがり、人々が恐怖で

逃げ出しはじめる。

その後、ホグワーツ魔法学校では、三大魔法学校対抗試合が開催されることになる。

各学校から代表選手が一人ずつ選ばれ、競い合うルールだが

今年は、ホグワーツの二人目の代表として、ハリーが選ばれてしまう。

 

 

ハリーは、ハーマイオニーとウィーズリー一家に連れられ、

クィディッチのワールドカップ観戦へ。

滞在中に利用するという小さなテントに入ると、そこは広々とした部屋が広がっていた。サザエさんのエンディングの家みたいな状況!?

 

スタジアム内は大盛り上がり!

世界一のシーカー、ビクトール・クラムの姿が。

 

テントで休んでいると、外から悲鳴が聞こえてくる。

夜空に闇の印が浮かび上がり、人々が逃げまどっていた。

ハリーが気絶をすると、何者かの陰が…。

 

ホグワーツに戻ると、今年は三大魔法学校対抗試合が、ホグワーツで開催されると

ダンブルドア校長から発表があり、他の二校の代表者たちがホールに現れる。

ダームストラング専門学校からは、あの世界一のシーカーである

ビクトール・クラム選手が!

 

三大魔法学校対抗試合の代表の選出方法は、立候補者の中から

炎のゴブレットが各学校から1人、合計3人選ぶのだが

何故か立候補していないハリーを、ホグワーツの二人目の代表として選出する。

 

最初の課題は、ドラゴンから黄金の卵を奪うこと。

 

二つ目の課題の前に、黄金の卵から次の課題のヒントを得らなくてはならなかった。

嘆きのマートルの助言で、卵からヒントを得ることに成功する。

 

二つ目の課題は、“湖の底にいる自分の大切なものを時間内に取り戻す”というもの。

湖の底にいたのは、ロンやハーマイオニー達。

ハリーは、鰓昆布を使い、課題をやり遂げ、棄権したフラーの妹も救出する。

 

最後の課題は、迷路に入り、優勝杯を手にするというもの。

迷路にはさまざまな仕掛けがあり、代表選手らを苦しめていく。

ハリーは、無事、ホグワーツを優勝に導けるのか?

 

 

 

ヴォルデモートの復活や、三大対抗戦の戦い以外にも、この映画では

見どころが満載。

特にクリスマスのダンスパーティでのハーマイオニー

あのスーパースターのクラムのダンスのパートナーに。

それに比べて、ハリーとロンはなかなか相手が見つからず。

ロンにいたっては、ママが送ってきた古めかしいローブ姿が何ともダサい。

 

この作品で、忘れられないのがセドリック・ディゴリー。

その後、映画「トワイライト」とシリーズでスターになった

ロバート・パティンソンが演じる、もう一人のホグワーツの代表者。

ハリーが恋するチョウのお相手で、正義感の強い、人気者の上級生。

まさかのラストに、しばらくショックを受けました。

 

パーティー前のダンスレッスン。皆が恥ずかしそうに尻込みする様子がおかしい。

実はネビルがダンス好きだと判明!

主役のハリーとともに、作品ごとに成長を見せてくれるネビル。

死の秘宝Part2では、一番カッコよかった。

 

個人的には、ドラゴン好きなので、課題でドラゴンが登場したのが嬉しかった。

ハリーが選んだのは、ハンガリー・ホーンテール種。

製作側が、猛禽類をイメージして作ったとされるドラゴン。

頭部:鷹の頭風

翼:かぎ爪がついた大きな翼 別々に動かせる 畳むことも出来る

足:がっしりとしたかぎ爪 屋根の上も歩ける

尾:槍のような形をしたとげが1本

 

一番好きなのは、ウクライナ・アイアンベリー種。

あの、死の秘宝2で、グリンゴッツ銀行の地下に閉じ込められていたドラゴンです。

銀行の天井を突き破って、出てくるシーンにガッツポーズでした。

 

 

水魔(グリンデロー)もかなり好きな魔法生物です。

タコの腕と、丸い頭部にギザギザの歯を持つ池底にいる生物で

足をひっぱって奥底へ引きずり込もうとしてくる。

パッと見可愛いが、陰湿な印象。団体で攻撃してくるから恐ろしい!

でも、ちょっと好き。なんでだろう?