映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

ミッション The Mission

ミッション スペシャル・エディション

巨大な滝へとつながるイグアス川の上流の南米内陸奥地のインディオの村にイエズス会の神父ガブリエル(ジェレミー・アイアンズ)が布教にきた。殺気立つインディオに向かい、彼はオーボエを吹き、その美しい音色のおかげでガブリエルはインディオたちに迎えられた。

ガブリエルは、愛人を弟に奪われ嫉妬に狂い弟を殺したという奴隷商人のロドリゴ・メンドーサ(ロバート・デ・ニーロ)を独房から連れ出し、重荷を背負ったメンドーサと共と岩場を登りインディオの村へ向かう。重い荷物を持ったまま崖を登るメンドーサ。彼にとってこの旅は贖罪の旅だった。村人にとって憎き奴隷商人だったメンドーサだが、重荷を背負うメンドーサを皆黙って見つめていた。

数年後、滝の上にサン・カルロス教会が建ち、枢機卿アルタミラノ(レイ・マカナリー)がやってきた。ポルトガルとスペインは、イエズス会の勢力増大を恐れ国内のイエズス会士追放をもくろんでいた。枢機卿ポルトガルとスペインを恐れ、南米は譲歩しヨーロッパでの布教の道を選び、インディオの村を閉鎖するよう命令する。しかし村人は枢機卿の命令を聞かず、戦う道を選ぶ。メンドーサも村人と共に武器をもって戦う決意をする。ガブリエルは武器は持たず無抵抗のまま村に残ることにする。大量の武器を持ったポルトガル軍とスペイン軍がじわじわと村に近づいてきた…。




悲しい結末に「やっぱり宗教なんて…」と思ってしまう、平和な日本に住む無宗教な私。無抵抗のままのガブリエルと彼に寄り添う村人達、神父でありながら敵兵を殺すメンドーサ。メンドーサとともに闘う村人。

私は闘わず兎に角逃げて生き延びて欲しかった。人間生きていれば何とかなる。

ストーリーは若干不満が残るとはいえ、俳優陣は素晴らしかった!やっぱり凄いなデニーロ。あの泣き笑いのシーンは良かった。うなるほど巧い。そして、ジェレミー・アイアンズリーアム・ニーソンエイダン・クインとまあ英国素敵おじさまが大活躍で大満足。

そして、音楽が素晴らしい!美しい村の教会、歌声も素晴らしい!

自宅で2時間、まるで別世界引きずり込まれていたような錯覚におちいった作品でした。是非。

なんといってもカンヌグランプリ受賞作品。