映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

8月のクリスマス

8月のクリスマス スタンダード・エディション 8月のクリスマス スタンダード・エディション
山崎まさよし (2006/03/08)
キングレコード

この商品の詳細を見る

父親から引き継いだ古い写真館で働く寿俊(山崎まさよし)は、のんびりとしたペースで静かに仕事をしていた。彼には残された時間が少ししかなかった。ある日、小学校の臨時教師・由紀子(関めぐみ)が写真館を訪れ、お互い惹かれ合うようになるが、残された時間を考えると寿俊は本当の気持ちを伝える事が出来ないでいた…。

山崎まさよしファンの私としては、この役が彼にぴったりだということはわかっていたのだけれども、あまりに元の韓国作品にそっくりに作ってしまったために、それ以上にはなれなかったのが残念。

相手役の女優さんがもうちょっと……もうちょっと……。

キャストも何となく素人な私でさせもチョイスしそうなメンバーで、予想通りなところがちょっと悲しい。

ストーリーをもう少し別な、日本独自のものにしたら、もっと感情移入できたかも。やはり原作は超えられなかった。

もうちょっと男性は年上の設定が良かったかも。それじゃあ、まさやんは出られないところだったけど。

まさやんのあのムード、大好き。

セーター姿がとっても好き♪かわいい♪