映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

トンマッコルへようこそ 웰컴 투 동막골 Welcome to Dongmakgol (2005)

トンマッコルへようこそ [DVD]

 

yahoo!特集ページよりあらすじ抜粋

タイトルであるトンマッコルとは“子どものように純粋な村”という意味の架空の村名。村人たちはいつも笑顔で暮らし、自給自足を実践し、決して争うことのない平和な生活を送っている。そんな物語の舞台は1950年代。朝鮮戦争の真っ只中、連合軍、韓国軍、人民軍の、相容れない3組の兵士たちが、ひょんなことからこの世のユートピア“トンマッコル”に迷いこんでしまう。最初は敵意をむきだしにしてにらみ合いを続ける彼らだが、憎み合うことのバカバカしさを教えてくれたのは、穏やかなトンマッコルの村民たち。やがて兵士たちは歌いながら村民たちと一緒にジャガイモを収穫し、気分転換に草原でソリを楽しみ、お祭りで大いに騒ぐのであった。

 

ねたばれ注意!

 

 

 

本当に楽しい映画でした。凄いな、韓国映画

悲しいラストなのに、何故だか笑顔で泣いていた。

世界中の人に見てもらいたい。戦争しても意味がないことを。

 

イノシシ退治のシーンに爆笑し、ポップコーンの雪で幸せになり、

一緒にアメフトをして野をかけまわっているつもりになり、

最後は直滑降で草のソリでGO!GO!

 

a5774880.jpg

出演者全てがはまり役というのも凄い。

左側のピョ・ヒョンチョル(韓国軍のリーダー)が、どうしても染五郎さんに見え

右側のリ・スファ(人民軍のリーダー)がTEAMNACSの安田さんに見えてきて

面白かったです。

草原でのトイレシーンはまさに安田さんっぽくて爆笑!!

 

今もどこかにトンマッコルがあると信じていたい。

 

 

メイキング映像