映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

クローザー 第10回 尽くしすぎた男

closerp.jpg

LaLaTVオフィシャルサイトより

大富豪、故ローランド・ダットンの屋敷に務める執事、アルバートターナーが首吊り死体で発見された。彼にはダットンの後妻アンジェリーナ・ダットン毒殺の容疑がかけられ、公判中の身だった。殺人特捜班チーフ、ブレンダ・ジョンソンは現場に現れた検事局のトーマス・イェーツから、アルバートはアンジェリーナ殺しの真犯人でも、罪の意識から自殺したのでもないと聞かされる。


↓ねたばれ感想

お金持ちのお馬鹿な3兄妹がメインと思いきや、馬鹿な彼らをひたすら擁護する弁護士さんが犯人でした。

お馬鹿な子供達、一人はゲイ(金で相手を買う)、一人は暴力男(元カノが彼と別れた日に撲殺されていたが逮捕されず)、一人娘は薬中毒!お金が桁外れにあるとろくなことにはならない…。

そう、子供のために財産を残すなんて、とんでもない!自分で稼いだ分は、生きている間に自分で使い切りましょう。

今回のおもしろブレンダは、縦列駐車が出来ないシーン!ちょっとヌケているところが、人間くさくて良い!美女で天才じゃ、面白みが欠けてしまいます。ドラマ「BONES」がいまひとつ楽しめないのは、主人公が固すぎて人間味がないところだと思います。

イェーツが、いきなりブレンダの自宅までやってきたことにビックリ!もしや恋愛感情が?と思ったけれども、お馬鹿なりに熱心な人ってことでいいのかな?お片づけ手伝ったりして、綺麗好きなのね♪もうちょっとオモシロかったら、また再登場しそうなキャラなのになあ。例えば、ブレンダのことを今回の事件で尊敬して、しもべ的に彼女の家を片付けに来つつ捜査などについてアドバイスもらったりするとか。

でも、フリッツが許さないよね!