映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

F.B.EYE 相棒犬リーと女性捜査官スーの感動!事件簿3 第2話 「束縛と疑惑からの解放」 “DID SHE OR DIDN’T SHE”

8cbf50ff.jpg


BSJapan,SonyPicturesオフィシャルサイトより

聴覚にハンディキャップを持ったヒロインがFBIの捜査官となり、聴導犬と共に最前線で活躍し、事件を解決していく痛快で爽やかな感動ストーリーです。モデルとなったのは実在するFBI捜査官スーザン・トーマス。そしてヒロイン、スーを演じるのは、実際に耳が不自由な女優ディアン・ブレイ。


~第2話あらすじ~

スーは手話による詩の朗読会で、友人の彫刻家キャロルと再会する。キャロルは聴覚障がい者と交流したがっているが、夫のテッドがそれをジャマしているようだ。

あまりの束縛のひどさに、スーが抱いていた不安が的中。夫婦でセイリング中に、酔っていたテッドが事故でヨットから海に落ちたのだ。

キャロルがテッドから暴力を受けていた疑いもあり、キャロルが夫を殺害したという可能性も捨てきれない。スーの調べで、夫婦をめぐる様々な真実が明らかになっていく・・・。

昔、民放で放送していたころは(多分テレビ東京

よく観ていたのだが、突然終わった記憶がある。

最近になってBSJapanで放送しているのを知り

早速観始めましたが、すでにシーズン3に…。

でも、あまり変わっていないのでほっとしました。

今回の事件は、夫が妻を虐待しているという話で

早く助けてあげて!と思っていましたが

夫がヨットから落ちて行方不明になり

スーとともに「まさかキャロルが…」と少し疑って

しまいました。

でも実際は、映画「愛がこわれるとき」のジュリア・ロバーツ

のように、夫がお金のために死んだふりをしていただけでした。

簡単に捕まってしまい、少々肩透かしでしたが。(-_-;)

残虐なシーンがなく、聴導犬リーヴァイが活躍する

ほのぼの系のドラマなので、子供にも安心して見せられます。

SonyPicturesにも番組紹介ページがあります。