映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

007 カジノ・ロワイヤル  CASINO ROYALE (2006)

カジノ・ロワイヤル (字幕版)

監督 : マーティン・キャンベル

原作 : イアン・フレミング

出演 :ダニエル・クレイグ エヴァ・グリーン マッツ・ミケルセン

ジュディ・デンチ ジェフリー・ライト ジャンカルロ・ジャンニー

 

2回の暗殺を成功させたジェームズ・ボンドは“00(ダブルオー)”の地位に昇格。

最初の任務で、世界中のテロリストの資金源となっている死の商人ル・シッフルの

存在を突き止めることに。

高額掛金のポーカーで資金を稼ぐル・シッフルと勝負をし、彼のお金を巻き上げる

よう命じられたボンドは、モンテネグロに向かう途中、掛金1500万ドルの監視役

としてやってきた外務省の担当者である美女ヴェスパー・リンドと出会う。

 

 

 原作は、イアン・フレミングの007シリーズの長編第一作目の

Casino Royale / You Asked for It。

 

はじめて 映像化されたのは、1954年にCBSでテレビドラマとして。

 

1967年に映画化されるが、何故かドタバタコメディ作品に。

その後、2006年に映画化されるまで、時間がかかったのは

この作品の映画化権を、まだ無名だったイアン・フレミング

格安の6000ドルで売ったことが原因だと言われている。

設定も、隠居したジェームス・ボンドのかわりに、情報部員らが全員

ジェームス・ボンドを名乗り活動するなど、完全なパロディ作品に。

 

約40年の時を経て、ようやくカッコいいボンドとしてリメイクされることに。

 

 (感想)

父親の影響で、子供の頃から007の映画を観ていた。

何で絶世の美女が、こんな禿げかかった濃いオッサン(ショーン・コネリー)に

恋してしまうのかが、とても不思議だった。

様々なスパイグッズを観ることと、素晴らしい音楽に魅了されていた。

♪フロムロシア、ウィズラーブと鼻歌で歌っていた。

 

今回、賛否両論あったボンド役のダニエル・クレイグ

個人的には、満足!

若きボンドが007になっていく過程を描いた作品のため、妙に親近感が沸くボンドで

少し可愛らしくも見え。

 

お気に入りのシーンは、目の前で人が死んだのを見て動揺するヴェスパーの傍に

いてあげるところ。

 

最後の最後で、いつものキメ台詞が出たのもカッコいい!

次回のジェームス・ボンドもダニエル・クレイグでお願いします。

 

 

【映画ロケーション】

 

モンテネグロのホテル (グランドホテル・パップ)

 

 ボンドの初めての殺しの現場

 

 カジノ・ロワイヤル (Kaiserbad Spa)

 

ラストシーンの邸宅 (Villa La Gaetana)

 

ラストシーンの動画で確認できますが、ネタバレ注意。