映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

ドリーム・ガールズ DREAM GIRLS

ドリームガールズ (字幕版)

1962年、歌手として成功を夢見るエフィー、ローレル、ディーナの3人は

「ドリーメッツ」というグループを結成。

プロを目指し、いくつものオーディション受けていた。

そんな彼女たちの可能性を見出したのは、中古車販売会社の経営者、カーティス

という男性。デトロイトで抜群の人気を誇るスター、ジェームス・アーリーの

バックコーラスに抜擢する。

その後、3人は名前をドリームガールに替えデビューを飾る。

次々にヒット曲を放ち、トップスターの仲間入りを果たすが…。

 

出演:

ジェイミー・フォックス ビヨンセ・ノウルズ エディ・マーフィ

ダニー・グローバー 

ジェニファー・ハドソンアカデミー賞助演女優賞受賞)

監督: ビル・コンドン

 

 

ようやく観ました、この映画!

やはり、ジェニファー・ハドソンが完全にビヨンセをくってます。

すごい迫力です。

なんといっても、ジェニファーは私の大好きなアメリカン・アイドル出身者。

一番の成功者となったのではないでしょうか?!

 

エディ・マフィーが落ち目のスターを演じていて、落ち目なエディ・マフィー本人と

重なって、なんともいえないリアリティーがあったりしました。

かなりはまり役でした。

 

ご存知の通り、この映画は黒人のレコード・レーベル、モータウンの伝説的な

黒人女性グループ“スプリームス”をモデルにした作品です。

ディーナ(ビヨンセ)は、もちろんダイアナ・ロス

 

エフィー(ジェニファー・ハドソン)のモデルになったフローレンス・バラードは、

映画と同じくダイアナだけを全面に押し出した売り方に不満を持ち、アルコール

中毒になり解雇。

その後、ソロ歌手として2枚シングルを出すがヒットせず、アルコール依存症

鬱病を患い1976年に若くして他界しました。

その事実を知ってこの映画を観ると、よりエフィーに涙してしまいます。

 

ローレルのモデルになったメアリー・ウィルソンが、

自伝「Dreamgirl: My Life As a Supreme」を書きベストセラーに。

この本を元に、「ドリーム・ガール」がブロードウエイで公開、

そして映画化となりました。

 

ダイアナ・ロスの歌、大好きです!

シーズン6でアメリカン・アイドルに登場したダイアナ・ロス!

大好きなMore Today Than Yesterdayを歌ってくれました。

歌声は衰えた感はありますがやっぱりゴージャス歌姫で、また盛り上がります!