映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

CSI:科学捜査班7 第7話 「宣戦布告」 Post Mortem

48b99917.jpg


CSIオフィシャルブログより

老女ペニー・ガーデンが、自宅の窓ガラスに顔を突っ込んで死亡。他殺と睨んだグリッソムたちが、早速調査を開始する。ロビンスはペニーの検死解剖を行い、彼女が末期癌に冒されていたことを明らかにする。症状から見て、相当量の鎮痛剤が処方されていたはず。実際、キャサリンがペニーの寝室で多数の処方薬を発見するが、なぜかその中に痛み止めの類は見つからない。

一方、グレッグがデミトリアス・ジェームズを轢き殺した件で、デミトリアスの死の妥当性を陪審が審議する死因審問が開かれる。デミトリアスの遺族を前にし、グレッグがいたたまれない思いをする中、ソフィア、グレッグに命を救われたタナー、ロビンス、ニックが次々と証言を行う。彼らは口を揃えてグレッグの行為の正当性を主張するが、陪審の中にはあからさまに疑惑の目を向ける者も。次の選挙戦を見据え、“市民の味方”という印象をアピールしたいトゥルーブラッド判事は、デミトリアスの無実を訴える母マーラと兄アーロンに発言の機会を与える。

冒頭のシーンから不気味でした。

The Chordettesの歌う「ロリポップ」が流れる中

薄暗い部屋で、老婆が高級そうなタバコを吸い

お酒を飲んでいました。

もう、何かあるぞ!という雰囲気。

こわごわ観ていると、やはり殺されてしまいました…。

今回もぞっとするところがたびたび。

老婆が窓ガラスに頭を突っ込んで亡くなっておりましたが

死体を運ぶ際、首が取れそうだから支えて、なんて

声をかけながら運んでいて、鳥肌がたちました!

また、この老婆(ヘビースモーカー)の肺を摘出したら

真っ黒黒だったのを見て、また鳥肌がっ!

グレッグのほうは、まだまだ苦労し続けそうですね。

あの死因審問はなんだったのでしょうか?

選挙戦の影響のためにトゥルーブラッド判事は

やたら遺族に気を使い、良い人ぶっており、

陪審員のあの男性はいったい何者?!

ひねくれるにもほどがあります。

デミトリアスの遺族は、民事訴訟に出てきて

あの兄などは度々脅しを…。

あの兄が行き過ぎたことをして、逮捕になるといいなあ…。

グレッグを早く救ってあげてください!!!

そして、今回またまたあのミニチュア殺害現場が登場!

とうとう防犯カメラに犯人の姿を発見!!!

2個目のミニチュアでわかったことは、犯人は殺す前に

あのミニチュアを作っているということ。

老婆は、犯人が彼女のお酒の中に致死量のニコチンが

入ったものを飲み、椅子に座ったまま死亡するはずが

彼女が椅子から立ちもがき苦しみだし、最後には

窓ガラスに頭を突っ込み死亡…。

犯人は、その後ミニチュアを作り直し、その接着剤が

椅子についていたのを、グリッソムが発見!(さすが!)

老婆の甥ヘンリーはDJ Quallsが演じています。

ちょこちょこドラマに脇役で登場していますが

私が一番好きな役は映画「The Core」のRatの役です。

またこの事件の続きとして登場願ってます!