映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

ダメージ 第11話 「弁護士のプライド」  I Hate These People

ダメージ シーズン1 VOL.1

NHK番組オフィシャルサイトより

パティはエレンが置いていった調査ファイルに感心し、自宅を訪ねる。エレンはその情報を利用してジョージを追い詰め、フロビシャー追及の材料を得るよう告げる。パティはジョージに接触できるのはエレンだけだと言い、解雇撤回を申し出る。エレンは復職を断るが、原告団のために交渉役を続けることを承諾。エレンに脅されたジョージは、フロビシャーは無理だが、別の人物を売り渡す約束をする。

結婚の準備を進めるエレンとデービッドのもとに結婚祝いの品が届き始める。だが、デービッドがいくら無視しても、ライラからの電話はまだ続いていた。

フィスクはグレッグのことを思い出していた。グレッグと初めて会話したときのことやフロリダで起こったこと・・・。一方、フィスクの事務所では彼の能力に疑問の声があがり、同僚の弁護士マーシャルが監督役に付くことになる。ショックを受けるフィスクに、追い打ちをかける出来事が・・・。

ああ、とうとうフィスク弁護士が自殺をしてしまいました。

それもパティの事務所の部屋で、パティの目の前で…。

パティの靴についていた血は、エレンのものでなくて

あれはフィスクの血だったのですね…。

☆今回わかったこと☆

?フィスク弁護士は、グレッグを愛していた。

 グレッグにキスし、拒絶されていた。

?パティは、トムの電話でエレン逮捕を始めて知った。

?パティの靴についていた血痕は、フィスクが自殺した時に

 ついたものだった。

?デービッドに別れようと言われ、エレンが去った後に

 デービッドのもとにやってきたのは、(殺し屋ではなく)

 デービッドの姉ケイティのようだ。(テープを持ってきた)

今回は、エレン&デービッドの部屋に勝手に入る人が2人も

おりました。デービッドのストーカーのライラに

パティの知人のマンションの管理責任者?らしき人物。

のこり2話の最終回に向けて、怪しい人を増やしておくため

なのかな?と思ってしまいました。

フロビシャーの手下が皆を殺害したのでしょうね。

テープを探すために、姉からテープを受け取ったデービッドを

殺害し、デービッドから話を聞いているエレンも亡きものに…。

最終回は、パティがエレンの前に現れて、

フロビシャーを叩きのめすために

そして自分が巻き込んでしまったエレンのために

エレンの弁護を引き受けるのではないでしょうか。

あっさりジョージが殺されたことにビックリ!

そして、エレンがジョージの死体の周りから裁判材料になる

資料などを奪い、指紋をふき取ってそのままにしてきたことに

ビックリ!エレンもかなりダークになりましたね…。

パティよりも腹黒エレンという感じです。

In case anything happens to me,

I made a videotape explaining everything.

I wanted you to know there's still time to do the right thing.

Gregory