映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

REX~ウィーン警察シェパード犬刑事~ 第9話 偽善者たち A Most Pleasant Establishment Ein feines Haus

Kommissar Rex: Der Neue

ミステリーチャンネル番組オフィシャルサイト

大みそかの晩、ウィーンの人々は飲んで歌って大騒ぎをしながら新年を迎えていた。その翌日、モーザー宅に自殺の一報が入る。女性は首を吊って死んでいたが、他殺の疑いがあった。住人に事情を聴くものの、彼らの証言はみな不自然だった。

ウィーンの人々も大晦日はにぎやかなのですね。

シュトッキンガー警部補は義理の両親とともに年明け

していたとのこと。(12時半には寝たそう)

ところが、モーザーは謎の美女と裸でベットに寝ており

ペーター・ヘララー(Peter Hollerer)は、バスタブで寝ていました。

ペーターは、ソファーに寝ようとするたびに

レックスに何度も引きずりおろされ

仕方なくバスタブに寝てたとのこと。

モーザーは美女のことを覚えておらず…。(-_-;)

刑事としていいのだろうか…。

モーザーは、迎えに来てくれたシュトッキンガー警部補に

バスタブに熱いお湯をためて~などお願いし

素直にそうするシュトッキンガー…。何だかオカシイ。

ペーターにもコーヒーを入れてくれるらしい。

キャラ的には「何でオレがそんなこと!」とか怒りそうな

のになあ!!

今回の事件は、マーダー夫人の自殺。

最初から首を絞められた痕がふたつあることから

他殺の可能性が高く、同じマンションに住む住人達が

怪しいと聞き込みすることに。

マーダー夫人の死体、舌が出ていてリアルで怖かった!

住人達は皆口をそろえて、彼女が鬱だったと話す。

皆同じことを言うので、逆に口裏を合わせているのではと

モーザーたちは怪しむ。

中庭でレックスが、マーダー夫人の指紋がついたグラスを

発見。住人の供述と食い違い、益々怪しい。

☆アパートの住人達☆

リードル夫妻

揚げパンをすすめる社長秘書の夫人。

夫フェルディナントは求職中。プライドが高いようだ。

コヴァリック夫妻

奥さんのシシィは、ヘルツォーク氏と不倫中。

知っていても何もいえない夫。

ヘルツォーク氏

イケメン?独身男性 1人暮らし

シシィ・コヴァリックと不倫中

その後、マーダー夫人が鬱ではなかったことが判明。

ますます怪しい住人達。

そんな時に、冒頭で殴られていたホームレス(ペピ)を探しに

別のホームレスがアパートの中庭へ。

リードル氏とコヴァリック氏に見つかり、天井裏に

連れていかれる。

ちょうどモーザーたちがアパートにやってきて

2人の不審な様子から、天井裏をレックスと

ともに調べると、なんと冷蔵庫の中からホームレスが!

モーザーに「たぶんペピも奴らに殺されている」と説明。

なんとペピというホームレスは、自殺に見せかけて殺された

マーダー夫人の別れた夫だった。

逮捕されたあとも、フェルディナント・リードルは

ペピのことを社会のお荷物だ、厄介払いができて警察も喜ぶ

と言い放った。サイテーな男だ。

しかし、口裏あわせをしたほかの住人に罪は問われないので

しょうか?特にリードル夫人などは…。

なんとなくすっきりしないまま、さらりとエンディング。