映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

コールドケース S4 #9 デート・サービス COLD CASE “Lonely Hearts”

 

番組オフィシャルブログより

1989年1月5日。ビデオカメラに向かって自己紹介する眼鏡をかけた丸顔の独身女性、マーサ。葬儀社で働き、男性との出会いを通じて人生を変えたいと望んでいる。そこは交際相手を紹介してくれるデート・サービスの一室。だが彼女は何者かに射殺されてしまう。

そして現在。結婚詐欺師らしき男性ラモーンが拳銃自殺するが、彼は死の直前、マーサのビデオを見ていた。マーサとラモーンの関係とは何か。彼にとって彼女はカモだったのではないか。リリーは“彼は彼女のことを愛していたかもしれない”といい、コールドケースの扉を開く。

 

 

 

悲しい。美男美女でないと人生幸せじゃないのか。

美女じゃないので、見ていて辛くなりました。

 

しかし、どれだけハンサムでもまっとうな人じゃないと。

男のために見ず知らずの女性をひき殺し

最後には、ラモーンに保険かけて、殺そうなど。

ユージニアも、マーサを殺した後に、モーンに

「新しい(ボニー&)クラウドになりたい」と迫ったり。

みんな狂ってます。

 

愛が無いという状況は、切羽詰まるものなのでしょうか?

ユージニアには愛する息子いるというにに。

お金も愛も、上を見ればきりがない。

今の状況、自分を大切にしながら生きることが

幸せの一歩な気がしました。