映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & FILMING LOCATIONS

映画やドラマの撮影地の紹介+レビュー

奥様は首相~ミセス・プリチャードの挑戦~ 第6話 最終回

The Amazing Mrs Pritchard

NHK番組オフィシャルサイトより

ベンの子どもを妊娠したキャサリンは、ある決断をするが・・・。

夫イアンが15年前に高利貸しの資金洗浄に加担していたと娘エミリーから聞かされたロズ。イアンも真実だと認めて事情を打ち明けた。事件が公になれば当然ロズの辞任問題に発展する。今や国民の絶大な支持を得ているロズに、情報をもみ消していたミランダは、国民のためにも聞いていないフリをしろという。だが、就任時にウソをつかないと約束していたロズは選択に悩む。

な、なんだ、このエンディング?

人気がなくて、打ち切りになったの?

第6話完結なのに、収拾付かなくなったとか?

最初から思っていたが、毎回色々な問題が出てきても

全ての結末が尻すぼみ…。

最終回での問題は、キャサリンの中絶

(仕事を取るか愛を取るかという悩み)と、

夫イアンの過去の資金洗浄の問題について

(首相を退くか、知らないふりをするかの悩み)。

皆さん、悩みに悩んで、結末は最後のテロップに

押し付けた!!!

キャサリンは、ベンに相談もせず、いきなり中絶。

彼女の立場は財務相兼副首相、そしてベンは彼女の

スピーチライターで21歳年下の若き財務省職員。

パワハラやらセクハラと言われても仕方ないし、

また、真面目な恋愛→結婚となっても、面白おかしく

書き立てられることになるだろう…。

ここでキスをしてとせがむベン。乙女じゃあるまいし?!

イアンの問題についてトリビューンの記者を黙らせたのは

キティが裏から手を回したからだった。キティは、

裁判所のITシステムを委託する会社をトラックアステートに

するよう内務省のIT担当者に指示をしろと命令してきた。

ロズ(とミランダ)は、悩んだ挙句ヒラリーにトラックアステートに

するように依頼するが、ヒラリーはトラックアステートに

任せるには問題があると言い、納得が出来る説明が

出来なければ勘繰らずにはいられないと抵抗する。

そして…

最後のテロップ

ロズ・プリチャードは辞任を表明し

家族と共にイータンズウィルへ戻った

任期期間は短かったが政治の世界へ

挑戦したことに達成感を抱いていた

15年前のイアンの不正行為が

公になることはなかった

パープル同盟党党首は

キャサリンが引きつぎ首相に就任した

彼女は生涯独身を貫いた

で終わりでした…。

こんなになるなら、コメディにしたほうがよかったかも。

よくこれを放送しようと決めたねえ、NHK。