映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

CSI:マイアミ6 第16話 「傷だらけの帰還」 All In (2)

Csi: Miami - Sixth Season (6pc) (Ws Dub Ac3 Dol) [DVD] [Import]

番組オフィシャルブログより

CSIは、誘拐されたカリーの捜索に奔走していた。ブラジルから戻ったホレイショはデルコと合流し、カリーのハマーが見つかった現場へと急ぐ。車には銃で撃たれた跡があり、そばにはクロロホルムの痕跡も残されていた。クロロホルムといえば、キャスリーン・ニューベリー事件の手口と同じ。ホレイショは、キャスリーン殺しの容疑者ロン・サリスを再び追及するが、彼は依然として事件への関与を否定する。

その頃カリーは、セスとトミーの2人組に拉致され、とある工場跡の建物にいた。無造作に置かれたポーカーテーブルの脇には、ロバートという男の死体が…。どうやらポーカー仲間のロバートを殺害した2人は、ダンが公開したWebサイトを見て、鑑識のプロであるカリーに殺人の痕跡を消させることを思い付いたようだ。

やっぱり、ドンパチしてホレイショはブラジルを脱出。

相変わらず派手な男よぅ~。

こちらはほとんど心配はしていなかった。

カリーのほうは、カリーらしく無事解決してよかったです!

犯人は黒・白(服)コンビ。

全身黒のSeth McAdamsは、最後まで悪い人、そして全身白のTommy Garverは、途中で改心して、カリーに言われたとおりに警察へ。

違法ポーカーに参加して負け続けていたフラスクは、最初は自己責任とはいえ、悪党達にいいように利用されたなと被害者としてみていましたが、毒殺しようとしたと知りビックリ!

ホレイショの息子カイルも、母親のパートナーとはいえロン・サリスが悪人だというのは、すぐにわからないものか?息子だったら、母親が危ない目に合わないように、彼のような人と関わらないようにしたいとは思わないのか?

意外とオバカな子でイライラしてしまう。

最後のクラブ・ディセントでのシーンは最高でした!

セスが、強盗しようとやってきたら、いたのはなんとトリップにデルコにウルフ!3人そろって、セスに銃を向けるシーンはかっこよかったです~。

最後にダメ押しで、ホレイショがセスの背後に立ってました。

また、1人で帰るつもりのカリーに「オレが平気じゃない」と言って、カリーを送っていこうとしたデルコ。カリーも何だかはにかんだ表情とかしちゃって。

この2人がうまくいく可能性はあるのか?

キャスリーンの事件のほうは、いまだ解決せず。こちらは長くひっぱっていくことになるのかな?