映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

CSI:ニューヨーク S4 #15 容疑者X DOA for a Day

CSI: NY - The Fourth Season

番組オフィシャルブログより

約2ヵ月前、「セカンドライフ」と呼ばれる3D仮想世界を利用して、シェリル・ミラーほかマクヘンリー判事、ディヴェイン議員を殺害した指名手配犯“容疑者X”。彼女に関する情報提供をテレビ番組で呼びかけた結果、匿名の通報が寄せられる。マック、ステラたちは、通報の情報を元にある精肉工場の倉庫跡へ。そこで、脳天にナイフが突き刺さった女性の死体を発見する。マックは被害者の顔を確認し、Xだと特定する。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

3D仮想世界「セカンドライフ」を利用していた指名手配犯“容疑者X”が再び登場!

しかし、いきなり死体で発見されてしまう。

彼女のボスが殺害?と思いきや、なんと彼女そっくりに整形手術をした女性を

身代わりに殺していただけだった。

そして、容疑者Xが何故連続殺人をするのか…という理由も判明。

殺人依存症のようなものか?ネット上で、殺人依頼者になりそうな人物が

いないかと物色しては、メールを送っていたのでした。

 

 

マックと銃撃戦になり、胸に致命傷を負った容疑者X。

最後にマックに言った言葉は…。

マック:

You don't have much time. Give me something. 

時間がない何とか言え。

容疑者X:

A confession?

Pulling the trigger is like taking a deep breath of fresh air.

Seeing that last little speck of life in their eyes, then when it fades,

I don't know I believe they're going to a better place.

自白させたい?

引き金をひくのはまるでフレッシュな空気を思い切り吸うみたい。

最後の一瞬、目の中に命がきらめいて、そして消えてく。

きっとみんな、ここよりももっと良い場所へ行ったはず…。

 

 

驚いたのは、グリーン・ラリーの会場で容疑者Xが狙っていたターゲットは、

なんとジョーダン!

ジョーダン殺害を依頼したのは、ストーカー行為で彼女を悩ませていた元夫でした。

でもこれで元夫も刑務所行きになるかな?!

 

 

 

面白シーンは、リンジー&マック。

なんとマック、リンジーの誕生日を忘れていました。

記念日嫌いな私でも、誕生日はさすがに忘れません。

マック大失態。

そのうえ、言い訳してさらにリンジーを怒らせることに!

 

ダニー: Hey Linds! リンジー

リンジー: Oh Danny! They're beautiful!

Nothing says you're special like centrifuge tubes filled with DNA samples.

ああ、ダニー!すごくステキ!

DNAサンプル入りの遠心分離管なんて、ぐっときちゃうわ。

ダニー: I'm not gonna live this down, am I? まだ怒ってるわけ?

リンジー: Forgetting my birthday? Probably not. Where did you get these?

誕生日忘れたこと?ええ、もちろん。これ何?

ダニー: Adam found more blood samples on the knife.

There was a piece of shrapnel hidden inside the handle.

You run the blood he found on the hilt?

アダムがナイフから別の血を見つけた。

グリップに榴散弾の弾が入っていたんだ。

柄の隙間の血を調べた?

リンジー: Yup, came back non-human. Send it to serology for protein analysis.

ええ。人間のじゃなかった。タンパク質の分析の結果待ち。

ダニー: Lindsay, come on.

Guys, we are not wired for remembering dates, okay?

We remember sports stats and then steak sides, that sort of thing, alright?

リンジー、頼むよ!

男の脳は記念日の記憶には向いていないんだ。

覚えるのはもっぱら賭けに役立つデータ。そんなもんさ。

リンジー: Steak sides? You are so busted! 

賭けのデーター?!ホント、最悪!

 

 

 

また、フラックとエンジェルも何だかいいかんじ!

エンジェルが防弾チョッキをつけているのを見つめるフラック。

エンジェル: What? なに?

フラック: You look good in a vest. 良く似合ってる。

エンジェル: (smiles at Flack) ふふ♪

なんだ、このムード!

リンジー&マックに続き、今後の2人も気になります。