映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

リ・ジェネシス バイオ犯罪捜査班4 第1話 感染拡大 TB Or Not TB

Re:Genesis VOL.4 [PPV-DVD]

番組オフィシャルサイトより

「痛みを感じなくなった人々が、無自覚に怪我をしている」という情報により、メイコとレイチェルは現場のイリノイへと向かう。そしてトウモロコシ畑から環境サンプルを採取するが…。一方、デビッドとカルロスは、メキシコで発生している抗生物質耐性結核を食い止めに行く。そこはサパティスタ民族解放軍が支配するチアパス州。メキシコ政府軍が「国境なき医師団」さえも国外退去させている、非常に危険な地域だった…。



発生現場:イリノイ ハドソンポイント

症状:痛みを感じなくなった人たちが無自覚に怪我をしている

担当:メイコ&レイチェル

症例は46件、現在は数人が発病中。一過性のもので、数日で症状が消える。

「痛みは電気信号のようなもので脳に伝わる。痛みを伝える神経細胞にいくつもの門があり、開閉しているが、正しく開閉していないと痛みがブロックされてしまう。一時的に患者は皆そのようにブロックされているのではないか」と、街の人に説明する二人。

脳脊髄液を採取し、ノーバックへ持ち帰ることに。

メイコは、とうもろこし畑と養豚場で土地や水のサンプル採取。

トム・グリーソンと出会う。(イケメン!)害虫駆除の薬が問題か?!

発生現場:メキシコ チアパス州 サパティスタ民族解放軍支配地

症状:抗生物質耐性結核広範囲薬剤耐性結核菌XDR-TB関連サイト

担当:デヴィッド&カルロス

32人が死亡、患者は数百人。第一選択薬が誰も効かない。

最初は兵士が発病し、あっという間に女性や子供に広がっていった。

フルオロキノロンカプレオマイシンカナマイシン等はシアパスでは使われていない。

この多剤耐性蛋白質の一部が、南アフリカで発生しているXDR株に似ている。(とメイコ。)

ムニョス副司令官は、兵士にワクチンを接種させることを拒んでいる。

案内役のリコとカルロスは、政府軍に追いかけられることに。→カルロス行方不明、死亡か?!

シーケンス分析結果から、南アフリカのクワズルナタールのスラムのものと同じだとわかる。

ボブ(誘拐)事件その後

脳に手術されたが医療施設を逃亡→入院中(意識が戻らない)

メルニコフ博士からの情報で、オリヴィエ・ロスが、ボブの進化したヤコブソン器官の肝細胞を採取し、他人のヤコブソン器官を進化させる実験を行うが、失敗。

予告によると…イリノイ州の症状は、

痛覚受動態をブロックする化合物を作るものが原因で、真菌が住民ほとんどの鼻の中にあるという。

痛みを感じないなんて、なんて恐ろしい!!

カルロスの行方は?!

ボブはどうなる?!

まさか最後には、デヴィッドとムニョスらぶらぶ、ってことはないよね!?(-_-;)