映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

ミディアム 霊能者アリソン・デュボア S4 第11話 『レディ・キラー』 Lady Killer

Medium: Fourth Season (4pc) (Ws Ac3 Dol Sen) [DVD] [Import]

番組オフィシャルブログより

アリソンは大人の色気いっぱいの美女が若い男性と関係を持ち、ナイフで刺し殺す夢を見る。さらに同じ美女がバーテンダーをネイルガンで殺す夢を見る。一方、現実の世界ではアリソンの夢に出てきた通り、若い男性2人が殺害される。

間もなくアリソンの話をもとに似顔絵が作成され、夢の美女が逮捕される。彼女はミシェル・トッド。「カリスマ・ケネディ」というペンネームで活動している作家だった。

senseiという名のバーのシーン

今回は、アリソンことパトリシア・アークエットの実姉のロザンナ・アークエットが登場!

作家カリスマ・ケネディ(ミシェル・トッド)を演じていました。何だかはまり役!

いつもとドラマの雰囲気も違って、コメディ風で面白かった!

なんといってもスキャロンが、犯人のエリオット・デイヴィスにスポーツ観戦を口実にデートに誘われていたシーンが最高!スキャロンがすぐに「こいつだ!」と犯人に気づくけれども、デートに誘われているという状況で微妙な表情をしていて、それがおかしくて!(≧▽≦)

オフィシャルブログにも書かれていましたが、senseiという名のレストランが登場していまいたね!

レストランのマークが、HEROESに出てくるマークに似ていませんか!?

日本食レストラン…というわけでもなく、なんとナンパバーで有名な店でした。

特に意味無くつけられたのでしょうね。

デヴァロスが立候補に対し、あのヴァン・ダイクがサイテーな罠をしかけてきてハラハラ。

デヴァロスの支援者である、彼の友人リチャード・マドセンを賄賂事件がらみで脅し、デヴァロスを陥れようとしていたのでした。

しかし、アリソンがそのことに気づき、デヴァロスはリチャード・マドセンを説得し、2人で記者会見を開き、会社の不正を公表!やった!

はやく消えてくれぃヴァン・ダイク!!!

ラストシーンは…

作家カリスマ・ケネディは、今回の事件のおかげで仕事の依頼が殺到!

リアリティーショーやインターネットなどなど活躍していくようだ。

そんな彼女の記者会見の様子を、ジョーにひざまくらをしてあげながら観ているアリソンがよかった♪