映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

ダメージ S2 第13話 最終回 「対決」 Trust Me

ダメージ シーズン2 DVD-BOX (6枚組)ダメージ シーズン2 DVD-BOX (6枚組)
(2010/02/03)
マリオ・ヴァン・ピーブルズグレン・クローズ

商品詳細を見る

NHKオフィシャルサイトより

ダニエルは妻を殺したと自首した。カーナビの暗号を解読したパティは、UNRの不正取り引きの証拠として提出。だがUNR側は違法に入手したものは証拠として認められないと反論。分が悪いパティはエレンに判事が応じる買収額を打診させる。

エレンを殺さなかったウェスは、もう命令に応じないとリックに告げる。自ら手を下すことにしたリックは、刑事の身分を利用しエレンに近づく。一方エレンはウェスに銃の入手を頼む。

最終回、良かった。話のまとめかたも良かった!

ちょっと、ホッとした。一応ハッピーエンド。

エレンが、誰か(=パティ)に銃をかまえ、バンバンと撃つシーン。

やっぱりひっかけでしたねえ。

撃ったふりをしてFBIを騙したという設定。

しかし…、パティが刺されたのにそのままエレンに会いに行き

エレンが部屋を出てから、ふらふらっと倒れるってのは、話がうますぎないか?!

トムは、一番まともな人なのに、いっつもパティに振り回されて

災難だなーなんて思って同情していたのですが

一番かっこいい役でしたね!

そのぐらいのオイシイ役をくれなくっちゃねえ!!!

ダニエル・パーセルから

「安らぎを見つけるには、自分の犯した罪を全て認めるしかないんだよ。」

といわれたパティ。

このシーンでは、あまりパティの胸に響いていたようには見えなかったが

実はとても重く響いていたのかも。

そして、ダメ押しのレイ・フィスクの幽霊からの説教?!怖いって!

最終回の流れ…

エレンとパティとトム

トム…判事を買収するようパティに命じられたが断りクビに!

エレン…判事買収の仕事をやらせてほしいとパティに頼む→無事仕事を任される。

エレン…無事判事に寄付(買収)の手続を

エレン…FBI接触 パティが買収すると説明

パティvsデイヴ・ペル

取引をすることに。

パティが独断で判事買収をしたことにし、パティの捜査資料は全て破棄することに。

デイヴ・ペル…FBIに指示(資料破棄、買収後エレン逮捕)

FBI&エレン

エレンの自宅で、パティからの買収の指示を隠し撮りしようとする

パティ、デイヴ・ペルからケンドリックの会社の極秘情報を得る

エレン、トムから銃を受け取る

パティ、エレンのホテルに→ギャレティの協力を断り、刺される。

重症を負いながらもエレンの部屋へ。

判事へのお金を受け取るエレン。

パティに銃を向け、本当のことを言うように迫る。

エレン、パティに「FBIが監視している」というメッセージを

エレン、騙したのね…と言いながら、監視カメラを撃つ。

FBIのスパイは自分だとエレンが告白。

刑務所に送り込むつもりも、銃で脅すつもりもないと言う。

パティは、「ピートにエレンを殺して欲しい」と言ったことを認める。

パティは、判事にお金を渡すようエレンに頼む。

パティは、判事のもとへ。

パティ、エレンの部屋から出てエレベーターへ。

パティが倒れているのをFBIが発見。→デイヴ・ペルの指示で見殺しに

ウェスが、パティを救う。

パティ、判事にお金を渡す。←FBIがパティと判事を逮捕

トムと連邦検事局のシンシア・シェイズが。

FBIエージェントのワーナーを逮捕。

シンシアが、ワーナー捜査官を尋問。

パティが、デイヴ・ペルと接触した時に盗聴していたものを聞かせる。

FBIの違法捜査について追求。

ワーナーは、取引を希望。

デイヴ・ペル、逮捕

ウォルター・ケンドリックも逮捕(デイヴ・ペルから受け取った情報によって)

エレン、姿を消す。

ウェスと付き合いはじめるのか?!

パティ、エレンに仕事の依頼をした!?

ウェス…エレンの味方に

リック・メッサ…エレンの自宅に忍び込む→ウェスに妨害される

メッサ、エレンに刑事として近づく

探偵にメッサのことを調べてもらう→警察内部で一目おかれているベテラン刑事

→行方不明(ケイティの後をつけた)警官のことも調べてもらう

メッサ、エレンに電話。(ウェスが一緒の時に)→ウェスにはメッサのことを話さない。

2人は会うことに。

ウェス、リック・メッサを殺害

ウェス、エレンの部屋を監視

刺されて倒れたパティを救出

パティvs息子マイケル

大学に行かないことを知るパティ

マイケルのものを年上の恋人ジルの家に送るパティ

大学に行かないのならば、家から出て行けというパティ

フィン・ギャレティ

「私の評判を聞くといいわ」「オファーは一度きり」「協力するか刑務所に行くか」と言い

パティは、ギャレティに自分の証人になるよう、脅す。

ギャレティvsデイヴ・ペル&ウォルター・ケンドリック

引き受けたのは取引のみ、他の事は聞いていなかったと怒り

会社の一部を渡せと脅す。→ダメならばパティと組むと言う。

ケンドリック、ギャレティがお気に入りのエスコートクラブの女性を脅す

ギャレティ、エレンのもとへ来たパティとエレベーターに。

協力したいというギャレティを断るパティ。

ギャレティー、パティを刺す。

(逮捕されたのだろう)

ピートおじさんの妻ステファニア

ピートおじさんの遺品を整理

パティにファイルを届ける

遺品の写真の中に、エレンを襲った犯人が!

(パティは知らないというが、ピートと肩を組んで写っていた)

ステファニアが、エレンのもとへ。

ピートのファイルをエレンに。

「ピートが何か悪いことをしたならば、全てパティのためよ。」と言う。

パティがエレンを殺そうとした証拠だとウェスに話す。

パティに突きつけることを決める。

この終り方ならば、続きを作りやすいなとも思ったり。

結局、パティの夫や息子はどうなったのか?!

しかし…いくらパティがトムに連絡し手を回し、

自分の窮地を救ったとしても

自分を殺せと命令した人物ですよ!私だったら絶対許せないなあ…。

結局似たもの同士ってことなのかな?!

エレン…、もっと穏やかな生活をして、素直な心を取り戻して欲しいなあ。

しかし…、ウェスもメッサ殺しで逮捕されないのか?

あまりにうまく出来すぎていないか?

これで、エレンとウェスは普通に付き合っていくことが出来るのかな?!