映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

HEROES S3 第53話 グレイ Shades of Gray

HEROES/ヒーローズ シーズン3 DVD-BOX1HEROES/ヒーローズ シーズン3 DVD-BOX1
(2009/10/09)
エイドリアン・パスダーグレッグ・グランバーグ

商品詳細を見る

番組オフィシャルサイトより

助けを求めてクレアの元へやって来たドイル。クレアは過去に自分たちを殺そうとしたドイルを助ける気にはならず追い返すのだが・・・。体に爆弾を巻かれて議事堂の前に放り出されたマット。知らせを受けたネイサンが駆けつけるが、2人とも爆弾の解除の仕方がわからない。そのネイサンを不審に思っていたダンコはますます疑いを深めていた・・・。そして、サイラーはついに父親と再会を果たす。

コスタヴェルデのベネット邸に、なんとあの人形使いのエリック・ドイルが!!!

反逆者からクレアに助けてもらうようにというメッセージが届いたとのこと。

あのエリック・ドイルの人形の館は火をつけられてしまったよう。

しかし、散々な目にあわされたクレア(&ママ・サンドラ)は追い返します。

その後、クレアのもとにエリック・ドイルのピンチを知らせる反逆者からのメッセージが!

クレアはエリック・ドイルを助け、偽のIDを渡し、逃亡の手助けをすることに。

ダンコは、マットに爆弾を巻き付け、連邦議会議事堂の前に置き去りに!

テロリストとしてスワット等に囲まれたマット。

ダンコは、部下に起爆スイッチを入れるように命令。

絶体絶命時に、ネイサン・ペトレリが現れ、爆弾処理班の心を読むようマットにアドバイス

無事爆弾を外し、一命を取りとめます。

しかし、ネイサンがマットを殴り、マットは捕まってしまいました。(-_-;)

ネイサンがあっという間にマットのもとに行ったことに疑問を感じ、またトレイシーが以前言っていた言葉から、ネイサンも能力者であると疑ったダンコ。

それに気づいたネイサンは、トレイシーのもとにいき、自分が味方だとういことを伝えたため、ダンコからネイサンについて問い詰められてもトレイシーはしらを切ります。

ダンコは、ペトレリ兄弟の母アンジェラのもとに。

アンジェラを問い詰めようとするが、逆にアンジェラにアンゴラの大事故でダンコ1人だけ生き延びたことについて指摘され、すごすご退散。

ネイサンは、大統領に直談判してダンコを首に。

ダンコは、ネイサンをビルの窓から突き落とし、ネイサンが空を飛ぶ能力があることを確認!

サイラー、実父サムソン・グレイのもとに。

実の母親を殺されたサイラーは、父を殺そうとしますが、父親はすでにガンで余命わずか…。

殺してくれというサムソン。

動物の剥製を作る仕事をして細々と生活していたよう。

しかし、サイラーが再生能力を持っていることを知った途端に、その能力を奪おうとサイラーに矢を!

しかし…どう考えてもサイラーのほうが強い!

父を殺さず、病死を待つと言い、サムソンのもとを去ります。

ヒロと安藤は、マット・パークマンを救うためにロサンゼルスに。

なんと、マット・パークマンは赤ちゃん!!!

マットのベビーシッターに押し付けられて、びっくりの二人。

エンディング

Generations unfold — father to son, mother to daughter.

Where one leaves off, the other follows, destined to repeat each other's mistakes, each other's triumphs.

For how do we see the world if not through their lens?

The same fears, the same desires?

Do we see them as an example to follow, or as a warning of what to avoid?

Choosing to live as they have, simply because it's what we know, or driven to create one's own identity?

And what happens when we find them to be a disappointment?

Can we replace them? Our mothers, our fathers?

Or will destiny find a way to drive us back?

Back to the familiar comforts of home?

世代は続いていく。父から息子へ、母から娘へ。

誰かが消えれば別のものが現れ、それぞれの成功や失敗を繰り返すのだ。

前例が無ければ世界はどう見えるのだろう?

恐怖や欲望、どうとらえるだろう?

それらに従うべきか、それとも避けるべきか?

親と同じ人生を安易に生きていくのか?

または自分の人生を切り開くのか?

では、親に失望したものはどうすればいい?

父と母を捨てることは出来るのか?

それとも運命に導かれるまま居心地の良い我が家へと戻のだろうか?

~続く~

サイラーの父親サイテー。

サイラーが可哀想になってしまう…。(-_-;)

しかし、それだけ彼らの能力に対する飢え・欲望は激しいものなのだろうか?

あの人形使いのエリック・ドイルが出てきて慌てましたが、追い詰められて意外にも改心していてびっくり。クレアに助けられたので、今後クレアにはむかうことはないでしょう。

ダンコが大事故でただ1人生き残った人物だとアンジェラが言っていましたが、彼も能力者なのか?

それとも別の理由があるのか?

アンジェラのあのカキの食べ方ったら…。(-_-;)魔女みたいだった。

ヒロ&アンドウ君たちについては次週持ち越し。

あの赤ちゃんはマットの息子?!

息子にも能力が?

過去に戻って、マットの赤ちゃん時代にタイムスリップした…わけないよね?!

きっと、マットJr(らしき赤ちゃん)が、ヒロたちと一緒に大活躍するのでしょうね。

ただでさえ可愛いヒロとアンドウ君に、赤ちゃんキャラが加わって、ドラマ唯一のほっとする場面になることでしょう。(と勝手に想像しています。)

しかし、S3になってから何でも有りって感じで…。(-_-;)ちょっと思いいれが弱くなりました。