映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

ラスベガス S3 第13話 「呪われたモンテシート」 The Bitch is Back

Las Vegas: Season Three (5pc) (Uncn Unct) [DVD] [Import]

モニカの住んでいた部屋を買い取った夫婦が、部屋に霊が出ると騒ぎ出した。他にも怪奇現象が続き、幽霊嫌いの客の足は遠のいたが、オカルト好きな人たちが押しかけるようになり、メアリーのアイデアで始めたHaunted Montecito Tourは大盛況!

一方サムは、ライバルのポール・ローガンと、売上の低かったほうがラスベガスから去るという勝負をするはめに。

なんと、モンテシートにウルフギャング・パックの店がモンテシートにオープン!!

もちろん本人も登場!

日本にもいくつかチェーン店があります!

ウルフギャング・パック(ウィキペディア)

簡単に言えばアメリカのセレブシェフってとこかな?

同じく本人役で登場なのが、スノーボード・アメリカ代表チームの選手、Kelly Clark達が登場!マイクが一緒に写真を撮ってもらっていました。

また、裸の胸に一文字ずつU・S・Aと書いていた熱狂的なスノーボードファンが騒いでいたのも面白かった。

ケリー・クラーク オフィシャルブログ(日本に来た時の様子も紹介されています)

デリンダが保健局の局員のデートの誘いを断ったためにレストランの営業許可がおりない騒ぎに!

しかし…その解決方法が凄かった。

パパのビッグ・エドとともにデリンダがその男性局員宅を訪れ、殴る蹴る…。(-_-;)

サムはかなり大ピンチだったけれども、相手が客のお酒に薬を入れていたことが判明し、相手が逮捕されて一件落着。

サムは、自他共に認めるラスベガスNo1のカジノホストに!

結局お化け騒動は、モンテシートからお金を巻き上げようとする詐欺事件だったのですが、実際にモニカの幽霊らしきハプニングが多々あり…。本当にモニカの霊はいるのでは?という雰囲気でエンディング。