映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

クリミナル・マインド FBI行動分析課 S4 #3 カルト教団の行方 Minimal Loss

番組オフィシャルブログより

コロラド州ラプラタで、銃器不法所持の強制捜査に出動した州警察と、カルト教団のコミューンの間で銃撃戦が発生。教団は、女性や子供を含む信者、そして施設を訪ねていた児童福祉局の職員3人を人質に教会に立てこもった。なんとその福祉局の職員には、身分を伏せて潜入したプレンティスとリードの二人も含まれていた。

 

 

以下ねたばれあり

 

 

 

リード君大活躍の回でした。

きゃしゃな体ながらも、いつも頑張っています。

ハラハラドキドキの展開ですが、

最初からプレンティスもリード君も死ぬわけがないと考えていたので

落ち着いて観ていました。

 

 

ERファンだった私は、Kathleen Wilhoite(通報者、ジェシカの母)を見て

「クロエ!ここでもまた!」と怒っていました。

Kathleen Wilhoiteは、困り顔(幸薄顔)の女優さんなので

こういう役がはまるのでしょうが、

「まっとうに生きて!」なんて思ってしまいます。

 

 

それとは逆に、「Dharma & Greg」でホッチナー演じるThomas Gibson

共演していたJoel Murrayが、この(真面目な)ドラマでは

敵対しているところが楽しい(Joel Murrayは、意地悪そうな検事総長役)

ほんとは、仲良しなのに…なんて思ってみたり。

4fe53d8a.jpg

 

 

LOSTファンの私は、もひとつビックリ!!!

パイロットのフランク役を演じたJeff Faheyが

なんとカルト教団創始者役で登場。

髪型などはそのままなので、こちらは

「島から出ておかしくなっちゃって、神頼みしかなくなったのか?」

などと思ったりしてしまいました。

 

 

カルト教団集団自殺、実際にも起きていますよね。

有名なのは、1978年南米で900人の信者が集団自殺をした人民寺院の事件。

カルト教団の男性教祖ってだいたいが一夫多妻っぽくないですか?

(ドラマや映画の見すぎかもしれませんが)

教祖が一番堕落している…ってパターン。(*_*;

カリスマ性ってことなのでしょうが、何でついていく人がいるんだろう…。

 

 

そんな教祖役は、あのディラン・マッケイ(役だった、Luke Perry)!

 

 


 

 

事件が解決し、帰りの機内でのプレンティス姉さんの

リード君への言葉にウルウルっときてしまいました。

"Reason is not automatic.

Those who deny it cannot be conquered by it." Ayn Rand.

(プレンティスの声で)

「理性とは誰にでも備わっているものではない。

理性を否定するものを理性で抑えることはできないのだ。」アインランド

(リード君の向かいの席に座って話し出すプレンティス)

I need you to listen to me.

What Cyrus did to me is not your fault.

It was my decision, and I would do it again. Do you hear me?

「ね、ひとつだけ言っとく。

サイラスにやられたことは貴方のせいじゃない。

私の決断、何度でもやる。わかった?」