映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

『ウォッチメン』 Watchmen

ウォッチメン/オリジナル・サウンドトラック

ジョン・F・ケネディ暗殺事件、ベトナム戦争、キューバ危機など、

世界で起きた数々の事件を見守ってきたヒーローたち“ウォッチメン”。

しかし、かつてウォッチメンだった男の一人が暗殺される事態が発生。

殺害現場には、血のついたスマイル・バッジが残されていた。

しかも、ウォッチメンたちの殺害はその後も続き……。




残虐シーンさえなければ…。

何度「ひゃー!」と早送りにしたことか。

けれども、そのシーンを除けば、素晴らしい作品だった。

しかし…Dr.マンハッタンだけはどうしても笑ってしまう。

ベトナム戦争に助っ人に行ったというシーンには、かなりつっこみまくり。

巨神兵???

人間にも地球にも嫌気がさした…と行く場所が火星。

もう何にも言えません。

最終的に“悪”という立場に追い込まれるが、

全てを受け入れて、また一人火星へ。

青い大きな星の王子さま、といったところか?

ニクソン政権が続き、冷戦が続いているという設定だと

わかるまで少し時間がかかった…。

ベトナム戦争に(Dr.マンハッタンのおかげで)勝利したという設定には、

ベトナムの人が見たらどう思うかな?と心配になった。

やはりロールシャッハが、一番カッコイイ役どころだろう。

ハンフリー・ボガードのようにトレンチコートを着ていて

あくまでハードボイルド。

不気味だけれども、映画が進んでいくうちに一番感情移入していく。

かなり長い映画ですが、長さを感じなくあっという間に観終わった。

好みでいえば、苦手な映画ではあるけれども

エンディングでとても切ない思いにさせられて、

スゴイ作品だなと感動させられました。