映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

クリミナル・マインドFBI行動分析課 S4#26『地獄からの帰還 前編・後編 To Hell...And Back シーズンフィナーレ

Criminal Minds: Complete Fourth Season (7pc) [DVD] [Import]
オフィシャルブログより

ミシガン州ポート・ヒューロンにある、アメリカとカナダとの国境で、ひとりの黒人男性が警備官の制止を振り切って守衛所に車を激突させた。
警備官に取り押さえられた男は、その場で、デトロイトのストリートで10人を車に誘いこんで殺害、遺体をカナダに捨てたことを告白。
それを裏付けるように、車内には10人の写真つきのプロフィールが置かれていた。
その後、男は「FBIを呼べ」と主張。カナダの騎馬警察隊の担当者ベッティングは、BAUに協力を依頼した。

男の名前はウィリアム・ハイタワー。2ヶ月前に片足を失って、名誉除隊したばかりの元陸軍軍曹だった。
車内から発見されたプロフィールには、いかにも軍人らしい律儀さで、名前、写真、撮影した日付、撮影場所が記録されていた。
しかし、10人の被害者は、性別もタイプもまちまちで、共通点はデトロイトのキャス・コリドーという地域で誘拐されたということだけ。

デトロイトに向かったモーガンとプレンティスは、そこで意外なものを目にする。なんと群れないはずのホームレスや娼婦が、ここではグループを形成しているのだ。彼らは自分たちの周囲から人が消えていることに気づき、自衛を講じていたのだ。

 


注意! 以下ねたばれあり



シーズンフィナーレ。
これでしばらくリード君に会えなくなる…と思うと寂しくてついつい、見るのを引き延ばしていた。
でも、ついに見てしまった。
ああ後悔。
またもクリフハンガーだ。
それも、またまた命にかかわる。

ホッチ…、どうなる?
脱力したまま見終えようとしたところに、あのラスト。
一気に涙がダーっと出た。
現在、少々精神不安定なところで、涙が出る出る!

慌てて、アメリカのドラマサイトをチェック。
そして…ほっとする。

リード君の次に大好きなホッチ。
(いや、最近マット・ボマーが大好きなので、3番目?とはいえ役柄のホッチが好きなので、順番的にはどうだろう?)
奥様と離婚してからのホッチは、哀愁が漂っていてとにかくセクシー。
私同様、あのしかめっ面を自分が何とかして笑顔にさせたい… と思う女性ファンが多いに違いない。

恐ろしい事件だった。
まるで映画「ハンニバル」な世界。
そう、89人もの死体を豚に食べさせていたのだ…。
残ったのは、彼らがはいていた靴89足のみ。
ゴミ箱から靴の山が出てきた時、さすがのモーガンも言葉を失っていた。


☆事件の流れ☆
 農家に生まれた2人兄弟。
兄メイソンは、頭脳明晰な男の子だったが次男ルーカスは、自閉症のような知的障害を持っていた。
 ↓
兄メイソンは医師になり、弟ルーカスが父親の農場を手伝っていた。
 ↓
父親死去
 ↓
医師になった兄メイソンは、農場を売ったお金で開業をしようとしていたが弟ルーカスは農場だけが生きる世界だったためにカッとなり、屋根からメイソンをつき落してしまう。
 ↓
兄メイソンは、四肢麻痺で生命維持装置につながれることに…。
 ↓
兄メイソンは、弟ルーカスにパソコン経由で携帯電話で連絡し兄の四肢麻痺の治療のための実験を行うよう指示。

その実験とは… ホームレスや娼婦を誘拐し、髄液を抽出する実験だった…。
髄液を取り出した後は、バラバラにして豚の餌に…。
 ↓
しかし、あの不衛生な農場で、そして知的障害を持つ弟がそんな実験を成功させられるわけはなく…。
(実験データは、兄メイソンのPCにて保管されていた。)


元軍人、ウィリアム・ハイタワーの妹がルーカスに誘拐される。

ウィリアムは、警察に捜査を依頼するが、警察は真剣に取り合ってくれない。
 ↓
ウィリアムは、アメリカとカナダとの国境で守衛所に車を激突させるという事件を起こし、自分は連続殺人犯だと騒ぎを起こし、妹の事件をFBIに捜査してもらおうと計画。


BAUが、カナダの騎馬警察隊の担当者から連絡をもらい、捜査に加わることに。

その頃、ケリーという女性がルーカスに誘拐されていた。

BAUの捜査により、アメリカとカナダの密入国ルートが判明。そこにあった車が、メイソン・ターナーのものであることがわかり彼の所有する農場へ向かう。

寝たきりメイソンが使う、PCを押収。→弟ルーカスに連絡が出来なくなる。

弟ルーカスは、兄からの連絡がないためパニック。誘拐されたケリーが、逃亡するチャンスを得るためにルーカスと会話を始める。

農場から、行方不明者達の靴が89足発見される。ウィリアムの妹が持っていた、彼の認識証が農場から発見される。兄メイソンが、弟の犯行を自供。

誘拐されたケリーは、ルーカスの携帯を盗み、トイレに行きたいと言って外に出て、携帯を使用。

ガルシアが、携帯の発信源から誘拐場所を特定。

BAUと共に行動をしていた、ウィリアムは兄メイソンの発言を盗み聞きし妹の仇をうつために、メイソンを射殺。

同じころ、知的障害を持つ弟ルーカスは、FBIの狙撃手に囲まれ照準光に怯えてじっとしていられず動きだしたために射殺されてしまう…。
結果…被害者89人+犯人2人=合計91人もの人間が死ぬ結果に。

やりきれない事件解決後、自宅へ戻ったホッチナー捜査官。
お酒を飲もうとすると、何者かが背後からホッチに銃を向けて立っていた!
それは、あの拘置所を脱獄し、そのまま行方がわからなくなっていた連続殺人犯リーパーだった。
「取引すべきだったな」という彼の言葉の後、銃声が!
そこで、to be continue....。
新シーズンへ。

 

やはり出てきたリーパー!
逃げたままだとは思っていなかったが、ここでっ!
くー!
ホッチはどうなる?と、慌てた私は、上記にもあるように、海外ドラマサイトをチェック。
そして…、ホッ。

そして、youtubeで新シーズンのプロモを探してみました。
ああ、ホッチ。
死ぬわけはないと信じているが、この目でシーズン5の第1話を見るまでは、心配でならない。


シーズン5 PROMO