映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

コールドケース S6#15 「証人」 “Witness Protection”

Cold Case (Score)Cold Case (Score)
(2008/11/11)
Various Artists

オフィシャルブログより

2008年2月21日、ロードアイランド州プロヴィデンス。豊かな生活を送るフェルドマン家だが、夫の会計士ベンの表情は曇りがちで、妻リーと息子ジェフは異様な空気を感じ取る。そこへ連邦保安官パーカーが現れて、なぜか出発を促す。ベンは自分の顧客であるマフィア、ジャコーニを裁く法廷で証言台に立つため、証人保護プログラムが適用されることになったのだ。一家は名前を変え、フィラデルフィアに引っ越し、新生活へ。だが約半年後の9月、ベンは何者かに殺される。

そして現在、フィラデルフィア。リーは失踪した息子ジェフを探してくれと殺人課に駆け込んでくる。リリーは失踪人捜索は自分たちの仕事でないとなだめるが、リーによれば、最近見つかった身元不明の遺体がベンだと気づいた直後、ジェフは消えてしまったようだ。リリーたちはコールドケースの扉を開く。

以下ねたばれあり

ヴァレンズ、ふられる…。

ラブラブなはずだったヴァレンズとフランキー。

ヴァレンズがデートに誘うと、フランキーが夫とやり直すと言いだした。

家族に責められたようだ。

ヴァレンズ、なんとか強気に笑顔で立ち去るけれども内心はショックだと思う。

フランキー、ひどいなあ。

振り回し系の女性なのかも。となると、フランキーの夫も苦労したのかも。

ヴァレンズは、さっさと忘れて新しい人を見つけてほしいです。

今回の事件は、マフィアのジャコーニに関わったため人生を狂わされた人々が

巻き込まれていったものだった。

同じ証人保護プログラムで、新しい人生を送ることになった

マフィアのジャコーニの会計士ベン・フェルドマンと運転手ヴィニー。

ヴィニーは、妻に去られ、家族は一人娘のタミーのみ。

娘を何より大事に思っていたため、ベンの息子と駆け落ちをしようとした

娘を連れ戻そうと必死になり、「子供たちを自由にしてあげよう」という

ベンを殺してしまった。

事件は一応解決したけれども、ベンの息子のジェフと、ヴィニーの娘のタミーは

今後どうなっていくのだろうか…。

また、ベンの妻と一時の過ちとはいえ、不倫をしていた連邦保安官パーカーは

咎めなしなのか?

ベンの奥さんも息子ベンも穏やかな日々が暮らせるように祈っている。

冒頭のヴェラとジェフリーズのやりとりが唯一ほのぼの出来る出来事でした。

そして、検事補ベルもまた飄々と活躍。レギュラーになってほしいです!