映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & FILMING LOCATIONS

映画やドラマの撮影地の紹介+レビュー

AVATAR アバター (2009)

アバター エクステンデッド・エディション [Blu-ray]

あらすじ(goo MOVIEより)

22世紀。人類は地球から遠く離れた宇宙にまで進出していた。そこで豊かな大自然と未知の動植物が生息する衛星パンドラに出会い、“アバター・プロジェクト”を開始する。青い肌と人間よりも大きな体を持ち、原始的な生活を送る先住民族“ナヴィ”が暮らすこの星の大地には、莫大な利益をもたらす鉱物が眠っていた。だが、大気は人間にとって有毒な性質。鉱物採掘を実現するには大気の問題をクリアしなければならない。これを解決するために、ナヴィと人間のDNAを組み合わせた肉体“アバター”を生み出し、自由に活動できるようにすること。それがプロジェクトの目的だった。戦闘による負傷で下半身が麻痺、車椅子の生活を送っていた元兵士のジェイク(サム・ワーシントン)は、体の自由を取り戻すために計画に参加、“アバター”を手に入れる。 

 

 

以下ねたばれあり

 

 

 

 

 

美しく、とても楽しめた。

 

しかし、ところどころ既視感あり。

他のネット上でのレビューでも書かれていたが宮崎駿作品に似ている。

美味しいとこ取り?

 

宮崎駿作品を知らない国の人が見たら、”凄い世界観!””って思ってしまうのだろうと

少し悔しくなってくる。

アバターより何年も前に『風の谷のナウシカ』が作られたのだから。

 

ジブリはあくまでアニメだけど、俺だったらお金をかけてCGでこんな作品に

仕上げられるぞ!という気持ちが伝わってくるような。

残念ながら、アカデミー賞作品賞受賞は出来なかった。

 

でも、娯楽としては最高!ブルーが基調の画面が美しい。

 

 

制作風景(ビハインド・シーン)

 

 

 

【映画ロケーション】

 

山の風景:武陵源風景名勝区(中国) 天門山等

 

 

熱帯雨林のシーン:ケフア樹木園(カウアイ島)