映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

今を生きる Dead Poets Society

いまを生きる (字幕版)

ウィキペディアより

規則の厳しい全寮制のエリート高校。生徒たちはその中で、毎日抑圧された生活を送っていた。そんな時に新しく赴任してきた型破りな教師。彼は「教科書なんか破り捨てろ」と言い、詩の本当の素晴らしさ、生きることの素晴らしさについて教えようとする。初めは戸惑っていた生徒たちも、次第に規則や親の期待に縛られない、自由な生き方を望むようになるが…。

 

以下ネタばれあり ※ラストに関わる記事あり

 

 

今まで観た映画の中のベスト3に入る作品です。

思い入れが強すぎて、なかなか記事に出来ませんでした。

今日、テレビで久々観ましたが、号泣でした。

何度も観ているので、泣かせるシーンの前に泣く!

今までロビン・ウィリアムズにはどれだけ泣かされたことか!

 

今ではもう生徒役の俳優陣もだいぶ大人になりましたが

この映画に思い入れが強すぎて、彼らが活躍する姿を見かけると、

「ああ、大きくなって…」と近所のおばちゃん目線で目を細めてしまいます。

 

 

ニール役のロバート・ショーン・レナードは、

この映画の後、これ以上の良い役に恵まれなかったように見えますが

最近は海外ドラマ「Dr.ハウス」で活躍していて、本気で良かったと思っています。

父親の希望通りの医者になったのかしら…なんて思うとまた涙!

から騒ぎ [Blu-ray]  

他には、映画「から騒ぎ」もはまり役なので是非!

(この作品には、デンゼル・ワシントンキアヌ・リーブス等も出演しています。

お勧め作品です。)

 

 

映画で使われている“O Captain! My Captain!”という詩は、

アメリカの詩人ウォルト・ホイットマン

エイブラハム・リンカーンに捧げたという有名な詩です。

こちらに、詩が和訳されているサイトを紹介しておきます。

 

ロビン・ウィリアムズのキーティング先生、生徒たち1人1人が

丁寧に描かれ、どのキャラクターにも思い入れがあります。

その中でもトッド・アンダーソン(イーサン・ホーク)の成長し変わっていく

姿が素晴らしかった。

おとなしくて授業で発言出来ない程のトッドが、ニールと相部屋になり

先生や仲間に刺激され、内に秘めていた思いを外に吐きだしていく様子に涙!

ニールの死を知った時の彼の嗚咽する様子、そしてあのラストシーン。

 

 

 

ロケ地は、アメリカ合衆国デラウェア州ミドルタウンにある

セント・アンドリューズ・スクール(St. Andrew’s School)。


大きな地図で見る

男子校だったが、現在は共学。

チャーリー・ダルトン(ヌワンダ)の思いが通じた!?

 

 

ニールの父親がいくら傲慢とはいえ、母親がもっと強ければ

こんなことにはならなかったのに…と後悔ばかり。

あのような男性と結婚したら、あの母親のようになるか、

もしくは離婚するしか選択肢はないかもしれないが

母親ぐらい息子の味方になってあげてほしかった。

わかっていたはずなのに、夫に逆らえなかったところが辛い。

 

トッドの親も、2年連続同じ誕生日プレゼントを送るなんて。

それも文房具セット。

愛されていないって思ってしまいますよね。

私が代りに母親になってあげます。