映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

THE MENTALIST S2 第 1 話 贖罪 Redemption

オフィシャルサイトより

カリフォルニア州各地で凶悪犯罪の捜査にあたるCBI(カリフォルニア州捜査局)で、捜査コンサルタントとして働くパトリック・ジェーン。以前は人気の霊能占い師(メンタリスト)として活躍していたミステリアスな男だが、捜査の現場での行動もあまりに型破り。

被害者の家に勝手に上がり込んだり、事情聴取でいきなり「君が犯人か?」と尋ねたりと大胆不敵すぎる行動に、捜査チームのボスであるリズボンとその部下たちは気が気でない。しかし、それらすべての行動に意味があったことが明らかになる。鋭い観察眼を駆使し、隠された人の心の真実を読みとって、いつしか事件を解決に導く。前代未聞の名探偵、それがパトリック・ジェーンなのだ。

彼が捜査に協力する最大の動機は、連続殺人鬼“レッド・ジョン”を捕まえること。被害者の血で描かれたスマイルマークを現場に残すこと以外全てが謎の存在レッド・ジョンは、ジェーンの愛する家族を殺した仇敵なのだ。しかし、ジェーンの破天荒すぎる捜査手法がもとで、リズボン率いるチームはレッド・ジョンの捜査から外されてしまう。果たしてジェーンはどのような行動をとるのか?

以下ネタばれあり

待ってましたシーズン2!

冒頭は絶好調のジェーンの様子が。

あっという間に凶器と犯人を特定しましたが

あまりの暴走ぶりに、苦情続出。

リズボンチームは、レッド・ジョンの捜査から外されてしまうことに!

それを知り、あっさり捜査局を去ろうとするジェーンに、メンバーびっくり。

でも、最後の捜査ぐらい付き合うよとメンバーについていきますが

途中でリズボンを怒らせて置き去りにされてしまうジェーン。

置き去りジェーンを救ってくれたのは、チョウ!

チョウは、ジェーンの良き理解者。

一度信頼したら、とことんついていってやるぜ!という男気を感じます。

後半に売り家に勝手に侵入しようとしたジェーンを止めようとする

リグスビーに対し、ジェーンを真似てリグスビーをからかうチョウ。

また、ジェーンが事件の関係者に Miles Thorsenって知ってますか?と

皆に聞いて(罠を仕掛けて)いましたが、チョウもモニカの不倫相手の

男性に真似して聞いていました。

☆事件の真相☆

被害者:Monica Dunninger

スタンガンで攻撃された後、クッションで窒息死させられる。

モニカの家族

夫:Monica Dunninger

長女:Kessie Dunninger

長男:Ansel Dunninger(病気の青年)

モニカ、不倫現場を目撃される。

モニカは勤め先の社長Rhonda Jaffeに、モニカの息子アンセルに良い病院を

紹介するかわりに、自分の横領の罪をかぶってほしいと持ちかけられる。

家族に罪滅ぼしが出来ると、社長の提案を受け入れ失踪。

失踪先から、家族の口座に毎月多額のお金が振り込まれていた。

しかし、何も知らないモニカの家族は、モニカをずっと恨んでいた。

アンセル、約束通り治療を。

家族のもとに帰りたいモニカは、街へ戻ってきてしまう。

殺されるかもしれないと考えたモニカは、

横領の証拠の帳簿と証言DVDが入った本を、図書館の本と入れ替えておく。

横領の新事実が発覚するのを恐れた社長が、モニカを殺害。

捜査が開始される。

モニカは、駄目なほう駄目なほうを選んで、最終的に殺されてしまうことに。

いくら社長が提案してきたからとはいえ、罪をかぶるなんて!

そんなことをして元気になっても息子は喜ばないし、

もっと違う方法がいくらでもあったはず。

社長を内部告発する選択もあったはず。

でも、そういう女性の弱みに付け込んで罪をかぶってもらって

最終的に殺してしまう女社長が絶対許せない。

最後のシーンで、ジェーンがボスコのふりをしてアクセスコードを

聞き出していたけれど、そんなことして大丈夫なのか?!

次回、また騒動が?

サイモン・ベイカーに全く色気を感じないのですが

アメリカではセクシーな男性NO.1に輝いたりしているとか。

確かに、「プラダを着た悪魔」の時はセクシーだったかも!

そんなサイモン・ベイカーの一番お勧めな動画です。