映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

救命医ハンク セレブ診療ファイル S2#6 ワイナリーの真実 In Vino Veritas

オフィシャルブログより

ハンクたちは有機栽培でブドウを育てるアンブローズ家のワイナリーを訪れる。そこにはタッカーと、彼の親友でアンブローズ家の息子オリヴァーがいる。ワイナリーでは、オリヴァーの提案で数年前からブドウの有機栽培を始めていた。この日は新作ワインのお披露目パーティーがあり、オリヴァーもスピーチをすることになっている。

ところがオリヴァーは朝からワインを飲み、スナック菓子をむさぼるよう食べる。さらに肌が変色し、異常な疲労感から運転中に眠ってしまう。この異変にタッカーやハンクはオリヴァーの薬物中毒を疑うが…。

以下ネタばれあり

父エディは、ハンクと仲直りを願い、子供の楽しい思い出の写真を

エヴァンに託すが、エヴァンはもう2人の仲を取り持つ役目は嫌だと父に伝える。

エヴァンは、ハンクにその写真を見せる。

父の車の前で、スーパーマンのようにマントをつけたエヴァンと

誇らしげに写るハンクと、父エディとの写真。

ハンクは、いい思い出なんかなじゃないとエヴァンにあたる。

父の車を取り戻すために、父親に頼まれたハンクが窓から忍び込み

番犬に吠えられながらも、父の車の鍵を取り返した時の写真だった。

タッカーからの連絡で、有機栽培でブドウを育てるアンブローズ家の

ワイナリーを訪れたハンクとディヴィヤ。

ディヴィヤは、ワイナリーで働く醸造家のキムという女性が

頭痛薬を流し込む姿を見て、心配になり治療を受けるように声をかける。

タッカーから呼び出されたハンクとディヴィヤは、

タッカーの幼なじみでアンブローズ家の息子オリヴァーの診療をする。

オリヴァーは、運転中に気を失ってしまったのだっが。

たいしたこと無いというオリヴァーだが、ハンクは血液検査等をすることに。

新作ワインのお披露目パーティーの日、オリヴァーがスピーチを

することになっていたが、朝からワインをがぶ飲みし、

スナック菓子をむさぼるよう食べ、タッカーに対して暴言を吐きタッカーが激怒。

その後、オリヴァーの両親を見たハンクが、オリバーの顔色が

両親よりも黒かったことに気付き、さらにタッカーの話を聞いてアジソン病だと気付く。

ハンクとタッカーが、慌ててオリヴァーを探すと、オリヴァーが

醸造タンクに落ち意識を失っているのを発見。

タッカーはオリヴァーを助けようと飛び込み、タンクに溜まった有毒ガスで

タッカーも動けなくなってしまう。

救急車を呼んだが、一刻を争うため、ハンクは父と共に

昔、車のカギを盗んだ時の滑車の原理を利用し、ロープで2人を

タンクから救い出すことに成功。

父エディが、オリヴァーの息がおかしいことに気付き、

ハンクはその場にあった物で気管挿管する。

その後、動静脈奇形(AVM)が再発したかと思われた醸造家のキムは

なんと妊娠していたことが判明!

味覚が変ったことも、頭痛等も妊娠の影響からだった。

出産後はまた味覚が戻ると知ったキムは、病院に迎えに来た夫と

喜びを分かち合った。

吐き気と異常な食欲から妊娠を疑ったジル。ディヴィヤが、ジルの代わりに

妊娠検査薬を買ったところをエヴァンに見られてました。(^_^;)

(ジルは検査で妊娠していないことが判明。)

エヴァンは、ディヴィヤが妊娠していると勘違いしているため

ワインを飲もうとするディヴィヤのグラスを取り上げたり

キムがMRIで検査をする時も「放射能が!」と慌てて部屋から連れ出そうとしていました。

ディヴィヤに追及されエヴァンは、検査薬を買っているのを見たことを白状。

ディヴィヤは、勘違いとはいえ気遣ってくれたエヴァンに感謝を。

I can't believe how nice you were to me when you thought I was pregnant.

It was like Invasion of the Body Snatchers.

吹き替えでは、こんな会話に。

ディヴィヤ「私を妊婦さんとして扱ってくれた時、人が入れ替わったみたいに優しかった。」

エヴァン「別人に入れ替わったなんて、ボディスナッチャーみたいだ。」

(オフィシャルブログでも紹介されていましたが、映画「ボディスナッチャー」は

宇宙からの種子型生物によって人間が乗っ取られていくという内容でした。)

ディヴィヤに、自分が妊娠する頃は遠くに(イギリスに)行っている、と

言われエヴァンは、ディヴィヤにイギリスに行かないでほしいと言いだす。

それでも、I have to move to London.

「ロンドンに行かなないと…。」と言うディヴィヤ。

Of course you do and when we replace you with another sexy Indian PA it won't be the same.

「それは、わかってる。それでも、またインド系の美女が医療助手になっても君にはなれない。」

と言うエヴァン。

何だか切なく、そしてじれったいシーンでした。

奪っちゃえ、エヴァン!ディヴィヤに好きだと言って!!!

そして、久々登場のタッカー!相変わらず美少年。

 撮影風景

先日twitterで紹介されていた写真です。

ホントは仲良し親子!