映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

救命医ハンク ROYAL PAINS S2#15 『将軍と騒がしい隣人』 A History of Violins

Royal Pains: Season Two [DVD] [Import]

番組オフィシャルブログより

ハンクは新規の依頼でウィリアムズ家を訪ねる。患者はポールとアンジー・ウィリアムズの娘ナタリーだった。彼女はこの前の冬にモノ(キス病)をうつされ、最近はノドの痛みを訴えていた。ハンクはノドの使いすぎによる炎症だと診断して薬を出すが、ナタリーの症状は改善しない。間もなく彼女の両手に黒い斑点が現れ、ハンクは本当の原因を突き止める。

以下ネタばれあり

ハンクの父エディは、ハンクに内緒でエミリーに診療を依頼。

エディの病状に関して、守秘義務だと一切ハンクに話さないエミリー。

エミリーがいつまでも心を開いてくれないこと、医師としての考え方の違いに納得いかないハンク。

エミリーも、自分を理解してくれないハンクと別れることを決める。

去り際、エミリーはハンクが今までで一番心を開いた相手だったと告げる。

エヴァンは、ペイジに許しを乞うため、花びらで“I'M SORRY”の文字を。

ところがベランダに出てきたのは、ペイジの父“将軍”だった。

ガッカリするエヴァンだったが、ペイジはとっくにエヴァンのことを許していた。

エヴァンが、謝罪のために色々なサプライズをしかけてくることを楽しんでいただけだった。

ハンクは、新規の患者であるウィリアムズ家の娘ナタリーの診療を。

ウィリアムズ家は、ペイジの家の隣に住んでおり、

二軒はナタリーのバンド演奏や敷地内のキャンドル小屋が原因で揉め事が続いていた。

けれども、ペイジとナタリーは仲良しの様子。

ナタリーは、ペイジにエヴァンのことを可愛い♪と褒めていました。(*^_^*)

ペイジの父は、上院議員の選挙に立候補することに!

これもエヴァンの不注意からだけれども、結局は皆ハッピーエンドに収まり

素敵なエンディングとなりました。

残念ながら、ハンクとエミリーは破局することに。

エミリーが、ハンクが一番心を開いた相手だったと伝えていた時は悲しくなりましたが

エミリーのような女性は、誰とも合わないかも。

ディヴィヤとアダムの関係も複雑でした。

こちらは優柔不断なディヴィヤが悪い。

言いわけしても、結局二股をかけているとしか言えないもの。

ディヴィヤはこのまま結婚してしまうのか…心配です。