映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

THE MENTALIST S2 第20話「赤い血だまり」 Red All Over

THE MENTALIST/メンタリスト〈セカンド・シーズン〉 コンプリート・ボックス [DVD]

オフィシャルサイトより

ハリントン・メディアというテレビ局や新聞社など複合メディア社の新CEO就任パーティーで、前CEOハリントン氏の息子ザンダーが殺される。ザンダーのオフィスから新聞社のリストラ案のファイルがなくなっており、ジェーンはそのファイルを盗んだ女性記者ヘザーを発見する。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

ゲストスターに、マルコム・マクダウェル(『時計じかけのオレンジ』)。

カルト教団“Scientology”のリーダー、ブレッド・スタイルズを演じています。

今後は、シーズン3の第3話“The Blood On His Hands”に登場予定です。

 

カルト教団施設へ向かうジェーンとチョウ。

20世紀少年に出てくるカルト教団「ともだち」風目玉なデザインに苦笑い。

 

 

 

【ザンダー・ハリントン殺害事件】

大企業ハリントン・メディアの新CEOの就任披露パーティー

新CEOになるはずのザンダー・ハリントンが、何者かに首を刺され死亡。

 

ハリントン・メディアの大規模なリストラ計画。

教団の記事が掲載されることを知り

ハリントン・メディアを脅迫していたカルト教団サイエントロジー

優秀な長男ザンダーを妬む次男エド・ハリントン等、

動機がありそうな人達は色々いたけれど

真犯人は、父親のアレクサンダー・ハリントンだった。

 

殺害動機は、長男ザンダーが父アレクサンダーの新しい妻であるタラと

不倫をし、タラがザンダーとの子供を出産したのではと勘違いしたこと。

実際には、赤ちゃんの父親は次男のエドだった。

タラが不倫をと怪しんだアレクサンダーは、DNA鑑定をし

自分の子供ではないと判定が出た後、ザンダーを責め、衝動的に殺害してしまった。

自分の子供にはそっけないが、長男の娘のアシュリーをとても可愛がっていた

様子をジェーンは見逃していなかった。

 

でも、いくら夫に不満があるからといって、義理の息子と関係を持ったり

もう一人の息子にヒソヒソと相談したりするものか?!

タラは即離婚されるだろうが、その後のハリントン・メディアはどうなっていくのか?

次男エドではなく、やはりザンダーの妻Sadie HarringtonがCEOになるのか?

アレクサンダーも優秀な弁護士軍団に支えられて、罪を逃れてしまいそう。

 

 

 

面白かったシーンは、カルト教団でのジェーン。

“内なるヴィジョンを鑑定する”という機械に早速挑戦

色々なことを言い当てられ、ショックを受けるふりをするジェーン。

完全に遊ばれている教団のおじさん。

大きな写真パネルの人物は、カルト教団“Scientology”のリーダー、

ブレッド・スタイルズ。

帰り際、ギフトショップは無いのか?教団のマグカップとか売っていないのか?

などと言いだすジェーンも可笑しかった。

 

 

最後のシーンも良かった。

ジェーンに関し苦情を訴えて来たサイエントロジーのスタイルズをビシっと

追い返したハイタワー。

ジェーンにも釘をさし、

「(今回よりも)強い相手だったら貴方はキリキリ舞いね。」

"I'd wanna see you dance for him"と一言。

ダンスは得意だと言い部屋を出たジェーンは、廊下で踊りだす。

最後は、ゲッツやラミレスのようにカメラからフェイドアウト