映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

WHITE COLLAR S3 #9 戻ってきたライバル On the Fence

White Collar - Season 3 [DVD]

オフィシャルサイトより

FBIに、ニールの宿敵マシュー・ケラーの情報が入る。以前、刑務所間の移送中に逃げて以来、行方をくらましていたが、エジプトの美術館で魔除けを盗んだところを監視カメラに映っていた。さらにその魔除けは、ニューヨークに住むエジプト学者のラクエル・ラロークの元へ送られていた。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

注意:動画の音量大!

 

 

前エピで、ピーターの自宅の金庫から盗難リストを入手したニール。

何故か、モジーにそのことを黙っていた。

 

盗品とリストが合うかどうか、ニールが確認中、モジーが現れる。

サッとリストをPCの下に隠すニール。

 

ジーは、ナチス財宝をすぐにでも売り飛ばし、大金を手に逃亡したいと

考えているが、ニールは、リストを手に入れるまでは慎重にしたほうが

いいとたしなめる。

 

行方不明だったニールの宿敵マシュー・ケラーがNYに戻ってきた。

エジプトの美術館で魔除けを盗んでいたことが判明。

  

魔除けの送り先が判明。

エジプト学ラクエル・ラローク。裏で密輸業をしているという。

彼女に近づくために、古い友人ヘイルに頼み、彼女と会う約束を取り付ける。

 

ラクエル・ラロークは、マフィアのたまり場であるレストランに呼び出す。

ピーターは、彼女をすぐに逮捕しようと動くが

彼女からの信頼を得るため、ニールは店のマフィアたちにFBIが来たと知らせ

大騒ぎになった間に、彼女を連れその場を逃げ出す。

 

その頃、マシュー・ケラークは、インターポールに成りすましてサラに近づき

共犯だと脅して、PCのIPアドレスを教えてしまう。

 

彼女から信頼を得たニールは、彼女が密輸した美術品を扱う場所へ行くことに。

そこへマシュー・ケラークが銃を持って登場。

 

ラクエルは、ニールの正体を知り、銃をかまえながらその場から立ち去る。

マシュー・ケラークは、ナチスドイツのお宝を手に入れたと言い

お宝が持ち出されている動画をニールに見せる。

 

ケラークに盗聴器の電波を妨害されていたため、ピーター達が

踏み込んだ頃には、ケラークは逃走した後だった。

 

ジーとの電話で、ケラーの見せた動画が偽物だとわかったニールは、

ケラーの目的が、ニールがお宝の隠し場所へ向かわせることだと気付き

別の倉庫へ向かい、ケラーをおびき寄せる。

 

ケラーを脅威と感じたモジーは、絵画を売買したお金で

ケラー殺しに懸賞金をつけてしまう。

 

ケラーをおびき寄せることに成功したニールだが、懸賞金の話を聞いた

ラクエルが、ケラーに発砲し、寸でのところで取り逃がしてしまう。

 

ピーターは、エリザベスを心配させないために、ケラーがNYに戻っている

ことを黙っていたが、ケラーに逃げられたことを、エリザベスに打ち明ける。

 

ニールは、倉庫の監視映像を見てドガの絵が無くなっていることに気付き

ドガを売ったお金を懸賞金にあてたことに気付く。

ジーに、ドガの絵は目録に載っていることを告げ、目録に載っていたものが

世に出れば、二人がお宝を盗んだことがわかってしまうと説明。

ジーは、ニールが目録のことで嘘をついていたと責める。

 

 

 

次回は、売ってしまったドガの絵を取り戻すことになるでしょう。

どうやって絵をすり替えるのかが見ものです。

 

 

 

 

7月に入力していたレビューをすっかり忘れて下書きのままにしていました。

 

 

 

海外ドラマ『TRU CALLING-トゥルー・コーリング』でニール役の

マシュー・ボマーと共演していたエリザ・ドゥシュクがゲスト出演している

エピソードなので、見るのをとても楽しみにしていました。

 

エリザ・ドゥシュクは、セクシーな演技で、モジーにも「スパイシ~」なんて

言われておりましたが、私は彼女のセクシー役を見るたび「無理して演じている」

と感じてしまいます。何故なのだろう?

タヌキ顔がいけないのか?

 

このエピで、ニールの色々な嘘がばれ、追いつめられていきます。

疑われているとはいえ、信頼するピーターに嘘をついていたことが完全にバレ

友人モジーへの嘘も告白せざるを得なくなります。

恋人サラも彼の元を去り、1人追いつめられていくニール…。

 

お宝を売り豪勢な生活を送ることよりも、今の生活が自分にとって一番大切だから

嘘をついていたとピーターに話して、果たしてわかってもらえるのか?

 

そして、逃げたケラーの行方も気になるところです。