映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

THE MENTALIST S3 第22話 ラプソディー・イン・レッド Rhapsody in Red

THE MENTALIST/メンタリスト <サード> 前半セット(3枚組/1~12話収録) [DVD]

オフィシャルサイトより

サクラメントで地元オーケストラのコンサートマスターを務めていたエレノアがバス停で殺される。ベンチの横にはアジサイの花びらが1枚落ちていた。ジェーンは目撃者の中から怪しい男を名指しし、男は逃走。そしてチョウはその現場で少年に車を奪われてしまう。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

ヴァイオリニスト殺害事件

 

こちら、最初からオーボエ奏者が怪しいまま、解決。

事件はいまひとつでしたが、

音楽好きなジェーンが、生き生きと楽しそうにオーケストラを

ひっかきまわしていたのが面白かったので、許します。

 

最後は楽しいセッションで終了。

もっと聴いていたかったです。

 

 


 

 

Anthony Rome vs Cho

 

チョウと少年の笑わせてホロりとさせるエピソード。

私はこちらのお話のほうが楽しかった♪

男気あふれるチョウが、元ギャングだった過去の自分と少年を重ねながら

少年と父親のために頑張るシーンが見ものです!

 

 

アンソニー役のKwesi Boakyeは有名な子役の俳優さんらしく、ツイッターもしています。

Kwesi Boakye Twitter

 

 

ラストも良い終わり方でした。

無事釈放され、息子アンソニーを迎えにきたローレンスにチョウが声をかけるシーン。

 

 動画はこちら!

 

Cho: I talked to the Gang Unit.

If you haven't jumped out in a month, they'll let me know.

「ギャングは、抜けろよ。一か月後に報告が来る。」

 

Lawrence Rome: I said I would.

「すぐ抜ける」

 

Cho: You have a chance. Don't mess it up.

「チャンスは無駄にするな。」

 

Anthony Rome: What's this punk saying to you, dad?

「何か文句つけられてるの?」

 

Lawrence Rome: Easy. Easy, little man. We just... we just talking.

「いや、そうじゃない。話しているだけだ。」

 

吹き替えでは、おっさん呼ばわりしていたアンソニーでしたが

元のセリフでは、途中からチョウのことを"punk"と呼びだし

最後のシーンも直訳すると"punk"(ちんぴら野郎)が何か言ったのか?と

父親に言っています。(笑)

 

この後リグスビーにハグし、ありがとう!と良い子なふりをして

去っていきますが、案の定…。

 

チョウがリグスビーに一言 "Check your pockets." 「ポケット調べろ。」

 

財布を盗まれたリグスビーが慌てて追いかけることに。

 

S3-2.jpg

 

チョウの笑顔でのハッピーエンド。最高でした。