映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

CSI:Miami S10 #6 「青い死体」(By the Book)

CSI:マイアミ シーズン10 ザ・ファイナル コンプリートDVD-BOX 2

オフィシャルサイトより

島の館に逆さ吊りにされたメイド・アンドレアの死体が……。首筋には吸血鬼に吸われたような刺し傷が2つあり、体内に血は残っていない。吊るされた現場には血痕がなく、人体にあるべき大量の血がどこに消えたのか見つからない。死体にはドクニンジンが付着していることが分かるが、館の庭師ケニーは犯行を否定、シェフのローレンスも否認する。やがて島の所有者はヴァンパイア小説の作家マリリン・ミルナーと判明し……。

 

 

以下ネタバレあり

 

 

(勝手に命名

ハロウィンスペシャ

ヴァンパイア殺人事件

 

個人所有の島にある豪華な館で死体発見の通報があり、カリーとデルコが現場へ。

二人は、逆さ吊りになって死んでいる女性を発見。

死体は青ざめていて、首筋にはヴァンパイアに咬まれたような二つの傷が。

 

その後ローマンも合流し、死体を調べ始めると、指先に違和感が。→ドクニンジンの匂いが!

庭にドクニンジンの鉢植えを発見。

庭師のケニーを連行することに。

 

 

ケニーの事情聴取

ドクニンジンは、害虫除け。

館の主人と実際会ったことはなく、ミラノにいるとだけ聞いていた。

いつ戻ってもいいように綺麗にしておけと言い渡されている。

 

 

手紙

館で、謎の手紙が見つかる。

ダヴィ」というオカルト言語によって書かれていることが判明。

館の持ち主:マリリン・ミルナー

      ベストセラー作家

      ヴァンパイア小説「愛のファースト・バイト」若者に大人気

手紙の内容は

「栄誉をたたえ、処女の血を飲む。永遠の信奉者より」

熱狂的なファンが血でファンレターを書いたのか?

 

 

手紙の血

DNA鑑定:ウェス・レイバーン

カリーが追い詰めるが、逆に襲われ手首を噛まれそうに。

彼の歯は、吸血鬼のような犬歯が。→犯人か?

 

しかし、事情徴収で

ファンレターの返事をもらえないため、マリリン・ミルナーの自宅へ行き

そこで逆さ吊りになっていた女性の死体を発見したと説明し、

首に噛みついたが、血液は残っていなかったと話す。→殺害犯ではない

 

 

証拠のコルク

被害者アンドレアの髪についているものを見つけたデルコ。→ワインのコルク

 

館のシェフのローレンス

館にあるワインを管理。

マリリンが、いつ戻ってきてもいいよう食事の用意をしていたと説明。

ワインを開けている途中に、物音に気づき、書斎で死体を発見。→通報者:ローレンス

 

現場から逃げたのは、編集者ジョセフ・クランバウの指示と説明。

 

 

編集者ジョセフ・クランバウ

クルーザー所有→自由にマリリン・ミルナーの島へ行くことが可能

被害者アンドレアと関係を持っていたことを話し、マリリンに知られるのを恐れ

ローレンスに通報するよう指示し、島から出て行ったと話す。

 

 

クランバウのクルーザー

クランバウのクルーザーの調査をするが、血液反応は全く無い。

クルーザーの中に、ケニーとローレンスが。

彼らがマリリンのゴーストライターと判明。

被害者のアンドレアもゴーストライターの一人で、3人でマリリンの本を執筆していた。

マリリンは、ストーリーラインを伝えてくるだけだと言う。

 

クルーザーに残されたアンドレアのノートPC

編集者クランバウへの脅迫メールが見つかる。→犯人はクランバウか?

 

 

 

原稿調査

メンバーで手分けをし、ゴーストライターたちが書いた新作の原稿を読む。

アンドレアの殺害方法と、小説の殺害方法が酷似していることに気付く。

小説では被害者が、足の指の間から血を抜かれていた。→アンドレアの足の指の間にも針の痕跡が!

 

 

殺害現場

ウルフの調べで、アンドレアの血を抜くのに使われた車(高級車ファントム!)が発見される。

車内には証拠も。→マリリンが犯人か?

 

クランバウに送られたマリリンのメールの発信もとを調べる。

マリリンは、ミラノではなくマイアミのビーチに!

 

 

 

マリリン・ミルナー

マリリンは、優秀なゴーストライターを殺すわけがないと殺人への関与を否定。

最新版の結末は、オーディオ版にのみ載っている特別最終章に書かれていると説明。

 

 

特別最終章

"抜き取った血をワインのように飲み干した"→実際にもワインとして保管されているのでは?

館のワイン・コレクションを調べ、血の入ったボトルを発見。

 

ラベルの指紋→犯人はローレンス!

 

アンドレアが、ローレンスの書いたものを自分のものだと言い、手柄を横取りしたことが許せず

彼女を殺害。

「血を抜くのに時間がかかった」→遺体に付着していたドクニンジンと関係が?

 

 

ドクニンジン

アンドレアが持っていたミラノ製の香水にドクニンジンが!

ミラノ製→マリリンからのプレゼントか?

脅迫してきたアンドレアを殺す目的で、渡したと話す。→殺人未遂で逮捕

 

 


 

 

なんとトリップが、ヴァンパイア小説にはまってしまうことに!

 

ラストで、トリップが熱心に本を読む様子が。

意外とロマンチストなのかも♥