映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

しあわせのパン

しあわせのパン [DVD]

amazonより ストーリー

東京から北海道の月浦に移り住み、湖が見渡せる丘の上でパンカフェ「マーニ」を始めた夫婦、

りえさんと水縞くん。

水縞くんがパンを焼き、りえさんがそれに合うコーヒーを淹れ、料理をつくる。

そこには、日々いろんなお客さまがやってくる。

北海道から出られない青年トキオ、なんでも聞こえてしまう地獄耳の硝子作家ヨーコ、

口をきかない少女未久とパパ、革の大きなトランクを抱えた山高帽の阿部さん、

沖縄旅行をすっぽかされた傷心のカオリ、観察好きの羊のゾーヴァ

そして、想い出の地に再びやってきた老人とその妻。

それぞれの季節にさまざまな想いを抱いて店を訪れた彼らが見つけた、心の中の“しあわせ"とは?

そして彼らを見守るりえさんと水縞くんに訪れることとは?

以下ネタバレあり



好き嫌いが分かれてしまう作品。

男性は退屈、女性は好きな人が多いだろう。

私は、、、大好き!

生活感・人間味が無いという批判も多いだろう。

私は、そこがこの作品の良いところだと思っている。

絵本の中の美しいお話だと思って観ていた。

大泉洋さんの魅力が生かせていないという声もあるが

水曜どうでしょうとは真逆の毒の無い静かで優しい役がとても良かった。

ドラマ「シェアハウスの恋人」の役と通じるところがある。

このドラマ、ストーリーは疑問なところもあるが、大泉さんの役だけはとても良かった。

原田知世さん演じるりえさんは、心に闇の部分があるようで

(東京での生活で何かがあったと推測)

りえさんを元気にしようと、水縞クン(夫)が北海道に連れてきたようだ。

美味しいものを食べるだけで、悲しみや悩みは消えることはないけれども

ささくれた心をほっこりさせて、少しの時間でも忘れさせてくれる場所なのだと思う。

個人的には、丁寧にゆっくり、そして綺麗な生活をしたいなと思い

映画を見た後、真夜中大掃除を始めてしまった。

いびつだけれども味があるガラス作品たちも良かったなー。

もしかして、出演者たちは人間じゃなくてコロボックルなのでは?!

映画のロケ地

北海道虻田郡洞爺湖町月浦150番地2

ゴーシュ


大きな地図で見る

主題歌もとても素敵!

ひとつだけ 矢野顕子×忌野清志郎