映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

フェイシズ Faces in the Crowd

フェイシズ [DVD]  

 

Amazonよりあらすじ

女性を殺してレイプし、泣く…。出没する連続殺人鬼は、“涙のジャック"と呼ばれた。

6件目の犯行が起こる。目撃者は、恋人と順風満帆な生活を送る小学校の女性教師、

アンナ。アンナは“涙のジャック"に追いかけられ川に落ち一命を取り留めるも、

確かに目撃していたはずの犯人の「顔」が思い出せない。橋から落ちた時の

ショックで<相貌失認:人の顔が判別できない症状>になってしまっていた。

アンナは必死に記憶を呼び起こそうとするも、捜査は一向に進まない。

そして、7人目、8人目の被害者が出る。

人の顔がわからない唯一の目撃者―。

この連続殺人を食い止めることはできるのか!?家族や恋人の顔さえわからなくなった

アンナに忍び寄る“涙のジャック"の影・・・。そして、アンナの症状を知った“涙の

ジャック"が隣に…。“涙のジャック"の正体は…?

 

以下ネタバレあり

 

 



アクションスターのミラ・ジョヴォヴィッチが、か弱き女性を演じたのが

とても新鮮だった。

連続殺人犯に狙われるヒロインが、顔の判別が出来ないという病気“相貌失認”

だというのも面白い。

俳優さんは、イメージが固まるのを嫌がるというが、ミラ・ジョヴォヴィッチ

闘う女というイメージを払拭したかったのだろう。

銃を持ってオタオタしてしまうミラ。お得意のはず、なんて思ってしまった。

 

刑事役のジュリアン・マクマホン(のお腹)には驚かされた。

いつの間にあんなに貫録が!

ただ、「NIP/TUCK」のイケメンよりも、この映画でのくまちゃん姿のほうが

タイプだ。

ヒロインが、ただ一人顔を判別出来る男性。運命、それとも…。

 

すぐに犯人はわかってしまうので、推理を楽しむ作品ではないですが、

ヒロインのアンナと同じ立場だったら…と思いながら、ドキドキ映画を楽しむ

ことをお勧めします。