映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

アンストッパブル UNSTOPPABLE

アンストッパブル [DVD]

Wikipediaより

ペンシルベニア州にある操車場で、最新鋭のディーゼル機関車「777号(トリプルセブン)」の牽引による39両編成・全長800m[3]の貨物列車が操作ミスによって無人のまま暴走を始めた。当初は、単独ブレーキを掛けているため減速ないし停車すると思われていたが、ネッドの報告から猛スピードで力行していることが判明する。しかも、この列車には19万リットルのディーゼル燃料[3]に加え、発火性の強い有毒化学物質(溶融フェノール)が大量に積載されていることも判明する。このまま暴走を続ければスタントン郊外の急カーブで脱線。それにより搭載している可燃物と周辺の可燃物タンクによって大惨事になることは避けられない。

以下ネタバレあり



映画のモデルになった事件

CSX8888号暴走事故(Wikiより)

CSX8888号暴走事故(CSX 8888 incident、別名 クレイジーエイツ事故)は、2001年にアメリカ オハイオ州で発生した、有毒物資を積載した貨物列車が暴走した事故である。CSXトランスポーテーションに所属するSD40-2型機関車と47両の貨車が、機関士不在の状態で最高51mph(82km/h)にて約2時間暴走し、最終的に追いついた別の機関車を後部に連結して停車させた。


デンゼル・ワシントンファンな私。

最近は、出演作に当たりがないなと思っていた。

実際にあった事件をモデルに作られた作品で、役柄も地味目だなと思っていたが

観始めるとすぐに引きこまれていき、最後は手に汗握るほど夢中になって観ていた。

ド派手なCGなどは使われていないが、電車の暴走するが見事に描かれていた。

また登場人物(人間関係、性格等)も丁寧に描かれていた。

主役二人が徐々に絆が生まれていく様子なども良かったが、脇役も素晴らしかった。

Lew Templeが演じる溶接工のNed Oldhamが最高だった!

海外ドラマ「パーソン・オブ・インタレスト」に出演しているケヴィン・チャップマンの

Bunnyもなかなか味がある役どころだった。

デンゼル・ワシントン インタビュー動画

トニー・スコット監督 インタビュー動画

下記「昏睡病棟 - COMA -」の記事にも書きましたが、トニー・スコット監督は、

2012年8月19日、カリフォルニア州サンペドロの橋から身を投げ、自殺。

この映画が遺作となりました。

この映画で主演したデンゼル・ワシントンを起用し、多くの名作を作られています。

男同士の対決、絆を描かせたらピカイチの監督でした。

大好きな作品

「クリムゾン・タイド」…ジーン・ハックマンと若きデンゼル・ワシントンが火花を散らす傑作

「スパイ・ゲーム」…ブラッド・ピットとロバート・レッドフォードの新旧二枚目スターの対決