映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

私が愛したヘミングウェイ Hemingway & Gellhorn

ヘミングウェイ&ゲルホーン (字幕版)

WOWOWより

1936年、戦時特派員のマーサ・ゲルホーンはキーウエストのバーで有名な作家ヘミングウェイと出会い、その豪快で情熱的な人柄に魅了される。2人は内戦が続くスペインで再会し、同じホテルの同じ階に泊まったこともあり、肉体関係を結んでしまう。ポーリンという2番目の妻がいながら、ヘミングウェイはゲルホーンと一緒にいる時間が増えていく。ついにヘミングウェイはポーリンとの離婚を成立させ、1940年、すぐにゲルホーンと再婚する。

 

 

以下ネタバレあり

 

 

インタビューを受けるゲルホーンを演じるニコール・キッドマン

 

実際のゲルホーンはこちら。

 

Gellhorn: A Twentieth-Century Life Gellhorn: A Twentieth-Century Life
(2004/09)
Caroline Moorehead

商品詳細を見る
The Letters of Martha Gellhorn The Letters of Martha Gellhorn
(2006/07/25)
Caroline Moorehead

商品詳細を見る

 

 


 

クライヴ・オーウェンヘミングウェイに違和感があったが(丸顔のイメージ)

迫力ある彼の演技に次第にひきこまれていく。

 

しかし、ニコール・キッドマンの美しさにはかなわない。

戦場で取材しつづけたゲルホーンの晩年を演じているニコールは、

ヘミングウェイを超える迫力あるカッコ良さ。

目がギラギラしていて、タバコをふかし、人を黙らせる威圧感がる。

 

ニコールは、アクション映画で荒稼ぎする元夫より、俳優としては上を行っている

感あり。トム・クルーズヘミングウェイを演じられない。トム・クルーズは、

トム・クルーズだから。

 


 

ヘミングウェイは、ゲルホーンとともに経験したスペイン内戦での経験から

名作「誰がために鐘は鳴る」を書き上げる。

 

映画も大ヒットし、アカデミー賞多部門でノミネート。

 

『別離』を観たヘミングウェイ自ら主人公のマリア役としてバーグマンを

指名したという逸話がありますが芯の通った強い女性というイメージが、

ゲルホーンと重なります。

(この作品は、ゲルホーンからインスピレーションを得て書かれたと言われています。)   

 

 

【映画ゆかりの地】

 

舞台になったキーウェストの自宅は、現在The Ernest Hemingway Home & Museum

として見学可能。

映画にも出てきた猫ちゃんたち(6本指)の子孫が、くらしています。

(映画:ニコール演じるゲルホーンが、猫が増え過ぎだと文句を言うシーンあり。) 

 

また、映画でも何度も名前が出てきた、ヘミングウェイ行きつけのキーウエストの

Sloppy Joe's Barは健在! 

 キーウエストにいき、フローズン・ダイキリを飲むのが夢。

 

誰がために鐘は鳴る〈上〉 (新潮文庫) 誰がために鐘は鳴る〈上〉 (新潮文庫)
(2007/11)
アーネスト ヘミングウェイ

商品詳細を見る