映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

PERSON OF INTEREST  S2  #8  旅の始まり  'Til Death

パーソン・オブ・インタレスト〈セカンド〉 コンプリート・ボックス(4枚組) [Blu-ray]

公式サイトより

2006年、フィンチはマシンが告げた対象者のグレースとデートを重ねていた。一方、2012年の現在、マシンは同時に2つの番号をはじき出す。それは、出版社を共同経営するドレーク夫妻のものだった。彼らの出版社には売却の話があり、そのことで幹部の意見が割れていた。

 

以下ネタバレあり

 

 

 

夫婦で殺害依頼

 

ターゲット:ドレーク夫妻

夫:Daniel Drake

妻:Sabrina Drake

 

出版社を共同経営

会社を売却しようとする夫と売却を阻止したい妻

 

すれ違いの発端:子供が亡くなる(流産か死産)

夫:妻のことが心配で、仕事を休んでゆっくりしてほしかった。

妻:夫が会社から追い出そうとしているのでは?と勘違いし、対抗するように。

 

途中、お互いとも殺害依頼を中止しようとするが

その頃にはすでに、暗殺者に連絡が取れなくなっていた。

 

 

最終的に、自宅に暗殺者を誘導し、カーターやファスコに協力してもらい

取り押さえる。

 

夫婦は逮捕されるが、刑は一番軽いものになり、すぐに再出発出来るだろう。

 

 


 

 

フラッシュバック

 

2006年 フィンチ&グレース

 

 

 

グレースの誕生日のゲーム

 

茶店で待つグレースにメッセージが届く。

お気に入りの屋台でチョコレートアイスをもらい、次の指示を受け取るグレース。

 

次に花屋へ行き、美しい花束を受け取る。

 

最終的にたどり着いたのは、

 

NYのグッケンハイム美術館

 


大きな地図で見る

 

閉館後に美術館に入り、フィンチがグレースを連れて行ったのは

グレースがベネチアで観て感動したという、絵画の前。

匿名(フィンチ!)の人物が、寄贈したと説明。

感激するグレース。

 

美術館を出た後、内緒にしていたことを話そうとしたフィンチだったが

無理に話す必要はないと、グレースに言われ、その場では説明せずに終わる。

いつ、グレースに話すのだろうか?

彼女との別れの時まで、伝えられずにいるのか???

 

 

それにしても、ロマンチックな誕生日プレゼントでした。

憧れます、この歳でも。

 

 


 

フスコとカーターにもロマンスが!

 

フスコは、ロンダとデート。

意外にもロンダが積極的!

 

カーターは、刑事のCal Beecherからデートに誘われる。

もちろんOK!

 

 

フスコの今後は心配だが、きっとジョン達が何とかしてくれるだろう。

1人で抱えないで、ジョンに早く相談してほしい。

HRのほうは、徐々に崩壊していくのか?それとも???