映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

ミスター・アーサー Arthur (2011)

ミスター・アーサー(2011)(吹替版)

1981年のヒットロマンティックコメディ「ミスター・アーサー」を、

人気スター競演でリメイク。

ニューヨークを舞台に、世間知らずである大富豪の御曹司アーサーが

本物の愛を見つけるまでを描く。

 

以下ネタバレあり

 

1981年「ミスター・アーサー」のリメイク作品。

 

1981年版の内容

Wikipediaよりあらすじ

ニューヨークの大富豪の御曹司のアーサー・バックは、

何不自由なく遊び回る毎日を送っていたが、

あるとき父親から政略結婚を命じられ、逆らえば遺産を相続させないと告げられた。

遺産が欲しいアーサーは観念して結婚しようとするが、

街で出会ったリンダと恋に落ちてしまう。

 

リメイク版では、母親から政略結婚を命じられ、執事ではなく乳母。

 

 

主題歌、クリストファー・クロスが歌う

"Arthur's Theme (Best That You Can Do)" も大ヒット。

 


 

 主人公のアーサーは、大富豪の御曹司ゆえ、金にものを言わせる日々。

ボクシングのトレーニングには、あのイベンダー・ホリフィールド

 

 オークションに行けば、1人で値を釣り上げる下品さ。

リンカーンの服と杖を落札し、身に着けて帰る途中、ある女性に一目惚れしてしまう。 

 

NYグランドセントラル駅での撮影風景。

 


 

主役には、お騒がせ男ラッセル・ブランド

以前、元妻ケイティ・ペリーの来日時に同行したが、成田空港にて入国拒否され

強制送還され、話題になっていた。(前科ありのため)

 

髪の毛短くして、髭をそり、眉毛のお手入れすれば、

パッと見ルパート・ エヴェレット風なのに。

そうはしないところが、ワイルドで魅力的?

 

実生活での奇行、問題等と映画のキャラクターが重なり違和感無し。

 

 

でも、やはりこの映画の見どころは、乳母役のヘレン・ミレン

彼女がいたから、素直に笑って泣くこともできた。

 

アーサーを愛する乳母ホブソンの愛に涙。

 

 

リメイクの域を出ない作品だけど、ヘレン・ミレンの乳母役は見逃せません.

おまけにNYの風景も!

 

アーサーのペントハウスがある場所。ザ・ピエール・ホテル

 

違法ツアーガイドをするナオミを助けた場所。

 

 結婚式の教会

 

 

素敵な日本語訳の動画を発見!映画を見た後に観ると、感動します。