映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

THE MENTALIST S5 第7話「茜色の転落」 If It Bleeds, It Leads

THE MENTALIST/メンタリスト <フィフス・シーズン> コンプリート・ボックス (11枚組) [DVD]

公式サイトより抜粋

崖から車が転落する。事件は死亡事故として処理されそうになるが、車内を見たジェーンが、バッグがなくなっているので殺人事件だと断定。実際、キャシーの車のブレーキ・ワイヤが切られていた。キャシーはニュース記者だが、以前の取材でレース場での犯罪をスクープし、その犯人ヤンツに恨まれ、局には脅迫状が届いていた。

 

以下ネタバレあり

 

 

テレビキャスター殺人事件

 

被害者:キャシー

職業:テレビキャスター、記者

事件:Ed Hunt に車のブレーキに細工をされ崖から転落

    後、Dickie Yuntzに殺害される。

 

キャシー同僚

・男性司会者 Ed Hunt …Tommy Volkerに命令されキャシーの車に細工する。

・お天気キャスター Tommy Volker …キャシーにライバル視 あること無いこと

噂を立てる

 

キャシーが追っていた事件

Tommy Volkerが行ったアマゾンの地熱発電の計画に不審な点があり、調べ始める。

開発に反対した先住民が、麻薬カルテルや反乱軍に巻き込まれ、全員死亡。

そのおかげで、開発が問題なくスタートしたという。

内部告発で、証拠のシステムの記録を入手。告発者は不明。

(キャシーの大学院の友人、バーマンの証言)

 

口封じ

Tommy Volkerの秘書、Amanda Shawが、リズボンの言葉に狼狽えたことに気付き

リズボンは、証言してほしいと説得。

しかし翌日、アマンダは自宅で首をつっている姿で発見される。

もちろん、自殺に見せかけた、殺人事件。

 

 

 

アマンダが殺され、落ち込むリズボン。

ヴォルカーは、

アマンダからEメールで遺書が届き、リズボンが原因だと書かれていたと話す。

せいぜい職があるまで頑張ってと言い去っていく。

(クビに出来るだけの力があるのか?)

 

謎の男

国土安全保障障に勤めるRobert Kirklandという男性がリズボンのオフィスへ。

今回の事件から手を引くよう、忠告しにくる。

「ヴォルカーは、力を持った男だ。多くの政治団体に金を出している。

 気を付けた方がいい。」

 

ジェーンすれ違った時に、「ジェーンさん」と声をかけ握手。

"Do I know you?" 「どこかで(会いました)?」

"No. But I know you". 「いいえ。でも、知っている。」

と、謎の言葉を言い、立ち去る。

 


 

 

ま、まさか

 

Robert Kirkland 通称ボブ = レッド・ジョン!?

 

でも、レッドジョンが出てくるタイミングとしては早すぎる気が。

レッドジョンの手下ということか?それとも?

 

 


 

 

ジェーンは、ローレライを刑務所から脱獄させようと、計画しているらしく

刑務所の下見をしているよう。

次回あたり、動き出すのか?

ジェーンのことだから、脱獄成功させてしまいそうで怖い。

 

 


 

 

ヴォルカーは、次回逮捕なるか?

 

まさかレッド・ジョンの一味ではとも思ったが、自分がトップでないと

許せ無さそうなタイプなので多分違うでしょう。

 

リズボンが決め台詞を言って、彼を逮捕する瞬間を楽しみに待っています。