映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

ペリカン文書 The Pelican Brief (1993)

ペリカン文書 [DVD]  

Wikipediaよりあらすじ抜粋

ワシントンD.C.で2人の最高裁判事が、ほぼ同時に国際テロリストの手によって殺害される。殺された判事の弟子のひとりトーマス・キャラハン(サム・シェパード)は、ニューオーリンズのテューレーン大学のロー・スクールで教授をしているが、ニュースを聞いていたく傷心する。その学生で恋人のダービー・ショウ(ジュリア・ロバーツ)は、2人の最高裁判事を殺害するための動機についてリサーチをし、ある仮説にたどりつく。しかし、あまりにも荒唐無稽な内容だった為、授業用のレポートとしてキャラハンに提出する。

キャラハンは、葬儀に出席するためにワシントンD.C.へ行き、そこで同窓のFBI法律顧問(ジョン・ハード)に会い、何気なくショウのレポートを顧問に見せる。数日後、ニューオリンズにいたショウの目の前で、キャラハンが乗った車が爆j発する。

 

ネタバレ注意 

 

 

ペリカン文書〈上〉 (新潮文庫)

原作は、John Grishamの同名小説。

原作では、デンゼル・ワシントン演じるグレイ・グランサムは、白人の設定。

 

 

この作品で、デンゼル・ワシントンのファンになった私は

テレビで放送されるたびに、必ず見るようにしている。

マルコムXや、クリミゾンタイドもかっこいいけれども、

この映画のデンゼルが一番美しいと思っている。

 

デンゼルが尊敬するシドニー・ポワチエに似た美しい立ち姿。

余裕のある頭の良い男、理想である。

 


 

 

古い映画を観て面白いのは、俳優のその後の作品との接点を発見して楽しめること。

トニー・ゴールドウィンは、フレッチャー・コール大統領補佐官役を演じていますが

現在、彼はドラマ「SCANDAL」で、秘密を持つ大統領役として活躍中。

若き頃は、嫌味なインテリ風貌だった彼も、現在はいい感じに老け、個人的に

大喜びしている。

 


  

そして、サム・シェパード

今は、かなりお歳を召して、おじいちゃんになってしまいましたが

やはりこの作品のイケメン度が半端ない!

そりゃ、ジュリア・ロバーツ演じる女子大生も“❤”になってしまいますとも。

あらすじでもわかるとり、最初に殺されてしまいますが、教授役が素敵すぎました。

 

 


 

 

そして、大好きなジェイク・ウェーバーもちょい役で!

しかし、事件のキーマンであるガルシア(偽名)役で登場。

 

トニー・ゴールドウィンと同様、若き頃は少々嫌味なイケメン風貌ゆえ

くせのある役も多かったけれど、

ドラマ「ミディアム」のおかげで、家庭的なイメージが定着。

ドラマが終わってしまい、本当に残念でした。

 


 

今の派手なBGMとは違い、危険なシーンでのピアノのメロディーは

古さは感じるけれど、逆にわかりやすく、ドキドキハラハラ出来るように思えます。

 

映画の中で、追い詰められていく主人公を演じるジュリア・ロバーツ

ずっと張りつめた顔をしていますが、最後に満面の笑みで映画が終わります。

ジュリアの笑顔は本当に愛くるしく、心からハッピーエンドを楽しめました。

 

プリティウーマンは、とても大ヒットしましたが、私は彼女の出演作で

この作品が一番大好きです。

 

 

撮影地紹介 Filming location 

 

大学の教室のシーン TULANE UNIVERSITY

学生の雰囲気を学ぶために、ジュリア・ロバーツは授業体験したと言われており

実際の大学生も映画に出演している。

 

 

ニューオリンズ Antoine's

キャラハンとダービー・ショウが食事をしたレストラン。

 

殺し屋が入れ替わったことを知らず、手をつなぎながら歩くシーン。

ニューオリンズ スパニッシュ・プラザ

 

ワシントンDC Ben's Chili bowl

グラハム(デンゼル・ワシントン)が、馴染みの情報提供者と会う店。

オバマ大統領や有名人も訪れる歴史ある有名店です。