映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

クリミナル・マインド S9 #12 ブラック・クイーン THE BLACK QUEEN

WOWOW公式サイトより抜粋

2004年。ハッカーだったガルシアがサンノゼでFBIに捕まり、ホッチの誘いでBAUに入ったころ、サム・ラッセルという男性が8人の娼婦を殺した罪で逮捕された。彼の死刑が2週間後に迫ったある日、司法省とサンノゼ警察がハッキングの被害を受ける。ハッカーラッセルの無実を訴えるとともに当時の捜査資料を奪い去った。ガルシアも現地に飛ぶ中、10年前と同じ手口で殺された2人の娼婦の遺体が見つかり……。

以下ネタバレあり



【ガルシア FBIへ】

2004年

ペネロープ・ガルシア(別名:ブラック・クイーン):凄腕ハッカー

FBIに逮捕される

動物実験を行う化粧品会社にハッキングの罪

FBI ホッチ (部下 モーガン) 

ガルシアに取引を持ちかけ、ガルシアはBAUの情報分析官に。

【ガルシア最初の事件】

犯人:サム・ラッセ

カリフォルニア州サンノゼで8人の娼婦を殺害

BAUの分析:2人組による犯行

犯人の証言:詳細で信憑性あり。⇒単独犯として事件解決

【サム・ラッセルは無実?】

ハッカー集団 スターチェンバー

サンノゼ警察システムにハッキングをし、捜査資料を盗み出し、内部資料は消去。

司法省のウェブサイトに、ラッセルの写真等を表示させラッセルの無実を訴える。

BAU捜査開始

【ガルシアの元恋人】

ガルシア:サンノゼ警察でスターチェンバーのハッキング調査

トロイの木馬に仕込まれたコードに、ブラック・クイーンだった頃に使っていたサインを発見。

スターチェンバーのリーダー=ガルシアのハッカーの師匠であり恋人だったシェーン・ワイエス

模倣犯?なのか真犯人?なのか】

刺殺と絞殺で殺された娼婦達の遺体が発見される。

①真犯人=ラッセル冤罪

模倣犯

ラッセルを救うための模倣犯=協力者?⇒ラッセル単独犯ではなく複数犯?

【師匠との対面】

死刑囚ラッセルから、スターチェンバーのリーダーのシェーンは、ブラック・クイーンにしか会わないといい

あるチャットルームを教える。

ガルシアは、シェーンと対決。

シェーンは、過去のガルシアの映像や、ガルシアとモーガンとの会話の盗聴を流し

ガルシアを動揺させる。

モーガンに励まされたガルシアは、シェーンのの負けず嫌いな性格を利用し

真犯人探しの勝負をしないかともちかける。

【娼婦殺害事件の調査】

さらに、もう一人娼婦が、首を絞められ刺殺される事件が発生。

3人の共通点⇒フリーで商売を行い、ネットで顧客管理をしていた。

しかし、3人とも携帯のデータが消されていた。⇒データを消去するツールを使用。⇒ラッセルのツール!

ラッセルのパートナー】

捜査資料:10年前 ラッセルにハッキングのパートナーがいたことが判明。

ラッセルは、8人のうち4人しか殺していないが、仲間の救出を信じ

8件すべての犯行を自供。

死刑直前、ラッセルがネットに公開したツールを利用した娼婦を、仲間が殺害していた。

【シェーン危うし!】

ラッセルのパートナーであるジョンは、シェーンに娼婦殺害犯の罪をかぶせるため

自宅に呼び出し、薬で動けなくし、殺害しようとしていた。

同じころBAUでは、シェーンのメール履歴から、怪しい発注履歴を発見し

荷物の送り先である、ジョンの自宅(シリコンバレーの高級住宅街!)へ向かっていた。

ギリギリのところで、シェーンを救出し、ジョンを逮捕。 -事件解決-


ゲストスターには、「救命医ハンク Royal Pains」の主人公ハンクの弟役で有名なパウロ・コスタンゾ!

ガルシアを一途に思っていて、泣けました。


【お勧めシーン】

(ガルシアとモーガンのやりとり、このエピのセクハラ研修シーン(0:45~)も)

BAUのセクハラ研修で、何故かガルシアとモーガンの会話が例題に!

セクハラ講師:

So. Let's talk about sexual harassment. それではセクハラについてお話しましょう。

Sexual harassment isn't always a quid pro quo arrangement.

Maybe it's a conversation between two co-workers that makes you feel uncomfortable.

セクハラとは、部下に性的な見返りを求めることだけではなく

同僚に不快感を与えるような発言も含まれるのです。

Maybe these coworkers use phrases like  例えば同僚をこんな風に呼んだりしていませんか?

"Baby Girl",  「ベイビー」

"Chocolate Thunder" or "Where is my big black twelve pack?"

「チョコレート・サンダー」、「私の蟹腹ちゃんは何処?」。

ガルシア: Who blabbed? 「チクられた!」

セクハラ講師:

And that creates a what? A "hostile work environment."

このような発言がもたらすものは、非友好的な職場環境です。

So messages like "More cushion for the pushing." Not appropriate.

もう少し例をあげると、「俺のクッション」と言う呼びかけ。不適切です。

"I'll be Coco to your Ice-T" Not appropriate.

「私がココなら、あなたはアイスティ」、不適切です。

"Flarpy Blunderguff" 「フラーピー・ブランダーガフ」

I don't even know what that means, but not appropriate.

もはや意味不明ですが、これも不適切です。

最後のガルシアの “Flarpy Branderguff” 「フラーピー・ブランダーガフ」は、造語で意味は不明。

アメリカで放送直後に、検索ワードランキングに入ってたとか!