映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

クリミナル・マインド FBI行動分析課 S9 #17 トンネルの魔術師 Persuasion

WOWOW公式サイトよりあらすじ抜粋

リードの故郷ラスベガスの近くで、2人の身元不明女性が遺体で発見される。場所は砂漠地帯だが、死因は2人とも溺死。手足首に擦過傷が認められた。BAUは早速ラスベガスへ。リードは久しぶりに母親に会おうとして連絡を入れるが、なぜか電話に出ない。そのころ、行方不明の妹キャリーを探しにラスベガスへ来た青年フィンはマーヴィンという謎の男性と知り合い、洪水用の放水路トンネルに案内されていたが……。

以下ネタバレあり



事件現場:ラスベガス 砂漠地帯

被害者1:フリーダ・バンクロフト 溺死 ダイナーのウエイトレス 薬物依存の過去あり

被害者2:レネー・シェフィールド 溺死 採掘師(グループで、観光客等からお金を盗む。)

被害者3:イライジャ・ホール 絞殺 レネーの仲間

3人の共通点:ホームレス

事件現場のメッセージ“2/10”⇒ホーボーのコード 2/10…泥棒(盗みをし罰を受ける)⇒警告

BAUプロファイリング

犯人:ソシオパス(社会病質者)

被害者(ホームレス)との接点:路上、シェルター

犯人は、犯罪グループのリーダー。

ラスベガスで、困った人に救いの手を差し伸べ、仲間に引き入れている。

グループには厳しい掟があり、被害者は掟を破り殺されたのではないか。

事件解決のヒント①

溺死した被害者の肺にあった水の分析結果⇒洪水の時に溢れる汚染水

殺害現場:ラスベガス地下の放水路トンネル内

事件解決のヒント②

行方不明:サラ・レンフィールド

記者…トンネルに住むホームレス取材後、行方不明に。

サラの携帯電話が捨てられた場所から一番近いトンネルを捜査。

シーザー逮捕

トンネルの住人を取り仕切っていた男を逮捕

単なる乱暴な男で、集団を率いるだけの能力はないと判断。⇒彼を操るリーダーの存在が浮上

真犯人

真犯人(博士):マーヴィン・コール 催眠術師

自分の才能が認められないことに不満を持つ男。

犯罪集団を作り上げ、手下の金を巻き上げながら、ラスベガスの一流ホテルで自費公演を開催しようと計画。

催眠術を使いシーザーに、グループを抜け出そうとした被害者達を殺させていた。

催眠術師マーヴィンvs天才リード君

マーヴィンの虚栄心をくすぐりながら供述を引出したリード君。

犯人逮捕!


お勧めシーン

汚い地下水路を歩くリード君とロッシの会話

Rossi: Uh, remind me to call my shoemaker. I'm going to need a new pair of boots.

ロッシ:あーあ。帰ったら新しい靴を作らないと。

Reid: You have a shoemaker?

リード:オーダーメイドなんですか?

Rossi: Well, one thing I've learned in life. A good pair of shoes can last longer than a marriage. You only have to pay for them once.

ロッシ:人生から得た教訓だ。いい靴は結婚生活より長持ちする。慰謝料もいらないしな。

離婚ネタといえばロッシ。

そして、靴にお金をかけるところは、さすがイタリア伊達男!


Reid: Can you imagine my mom on a mule? It's like Hotch at the beach.

リード:ラバとお母さんなんて!(JJ「ありえない!」)ビーチのホッチくらい!

今回の事件現場ラスベガスは、リードママが住む故郷。

ママの留守電に、ビニオンホテルでフライド・チキン・ロブスターを食べたいとメッセージを残すが

ママは、グランドキャニオンに旅行のため会えずじまい。

事件解決後、BAUに戻るとリード君宛てにママからお土産が!

グランドキャニオンの岩石を使った置物と、絵葉書が入っていました。

ラバに乗ってグランドキャニオンを旅行したという絵葉書を読んだ後のリード君の一言が上記の台詞です。

リード君の嬉しそうな表情がとにかくとにかく可愛かったエピソードでした♡

それにしてもビーチのホッチって!(笑)