映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & FILMING LOCATIONS

映画やドラマの撮影地の紹介+レビュー

RUN ALL NIGHT ラン・オールナイト

シネマトゥデイより抜粋

息子の命を守るため親友でもあるマフィアの­ボスの息子を殺害してしまったことから、復讐に燃えるボスに命を狙われ­る殺し屋の逃走劇を描く。

多少ネタバレあり(※現在公開中)



公式サイトより

殺し屋として闇の世界に生きるジミー(リーアム・ニーソン)は、仕事のために家族を捨て、一人息子のマイク(ジョエル・キナマン)とも疎遠になっていた。しかし、ある日、殺人現場を目撃して殺されそうになっていたマイクを救うため、NYを牛耳るマフィアのボスの息子ダニーを射殺してしまう。ボスのショーン(エド・ハリス)とは固い絆で結ばれた30年来の親友だったが、息子を殺されたショーンは、嘆き、怒り、ジミーに宣告する。「お前の息子を殺して、お前も殺す」と。朝が来る前にジミーたちを葬ろうと、ニューヨークは今、街中が敵となった。父と子の決死の戦いが始まる─。


リーアム・ニーソンファンの私は、久々映画館に足を運んだ。

撃ち合い・殺し合いの作品が苦手なのだが、これはどうしても観たかった。

ストーリーは、あらすじを読んでわかるとおりで、結末も皆が想像した通りだろう。

でもそこは、リーアム・ニーソン!わかっていても、切なくて涙が出てしまう。

リーアム・ニーソンジム・カヴィーゼルのような不幸顔の男が

孤独に戦っていく姿、苦しむ表情が、もうたまらないのである。

リーアム・ニーソンは、とにかく横顔がカッコいい。

平らな顔族の私にしてみると、いったいどんな作りになっているのか?という鼻の高さ!

映画館の大きなスクリーンで、ストーリーとは関係ないところでウットリ。


それでは、そろそろストーリーをご紹介。

タイトル通り、これは一晩の逃走劇。

主人公ジミーも、とにかく今夜だけ乗り越えろと息子を説得する。

一晩でどれだけ大騒動起こせば気が済むのか、という暴れっぷり。

映画のテーマ

・親子の対立⇒親子愛

・マフィアの掟

・数少ない信頼できる刑事への仁義

事件の発端は、マフィアのドンの馬鹿坊ちゃんの暴走。

坊ちゃん、パパを紹介すると言って、ドラッグの売人から大金の口利き料をせしめる。

ところが、ドラッグがらみで散々な目にあったパパはキッパリとお断り。

坊ちゃんは、口利き料を返還しろと脅され、速攻殺害。

殺害現場に運悪く居合わせたのは、マフィアの殺し屋ジミーの息子マイク。

目撃者の口封じをと坊ちゃんは、パパの命令を無視し、

仲間とマイクを殺しに行き、逆にジミーに殺されてしまう。

ジミーは、マフィアのドンであり友人であるショーンにことのいきさつを話し

翌朝出頭すると話すが、息子を殺されたショーンは、代わりにお前の息子を殺すと断言。

マイクは警察に連絡するが、警察にはショーンの息がかかった警察官多数。

危うく逃走犯に仕立て上げられそうになり、ジミーに救出され、二人の逃走スタート。

マフィアの手下がジミーを追い詰めるが、そこはプロの殺し屋。

映画の冒頭はボロボロでヨレヨレのオッサンだったのに、スイッチ入ると強い強い!

もう一人のプロの殺し屋コモンに、息子⇒ジミーの順番で殺すようショーンから指示が。

こうしてジミー達は、マフィア、プロの殺し屋、警察から追われることに。。。


撮影風景


作品としては5点満点の☆4つ。

リーアムファンとして、多少甘め。

一般的には☆3~4ではないだろうか。

理由は、ありがちなストーリーで、結末も予想通りで驚かされることはない。

他、個人的には、ブルース・マッギル等、シブいオヤジが続々登場なのも嬉しい。