映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & FILMING LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

マダム・イン・ニューヨーク ENGLISH VINGLISH

 

yahoo!Movieより抜粋

ビジネスマンの夫、2人の子供のために日々家事をこなす専業主婦シャシ(シュリーデヴィ)は、家族の中で唯一英語ができないことが悩みだった。ある日親戚の結婚式の手伝いを頼まれ単身渡米するも、英語が話せないためつらい思いをする。そんな時「4週間で英語が話せる」という英会話学校の広告を見つけた彼女は、身内に黙って学校に通い始めるが……。

 

 

以下ネタバレあり

 

 

 

挿入歌「マンハッタン」 (NYマンハッタンに到着時のシーン)

 

こんな女性にお勧め

・既婚女性、専業主婦

・日々モヤモヤを抱えている

・手に職をつけたい

・自信を取り戻したい

・英語を上達したい

・勉強したい

・NYへ行きたい

 

“in NY” をつけたありがちな邦題。きっとB級だろう…

と、思い込んで観始めたら、あっという間に感情移入して涙。

 

今年、劇場、WOWOW等で観た映画で、一番お気に入りの作品。

 


 

ネタバレ注意

 

インドに住む主人公のシャシは、2人の子どもとビジネスマンの夫サティシュの

ために尽くす専業主婦。

料理上手なシャシは、“ラドゥ”という贈答用のお菓子を販売することを生きがい

にしていた。

彼女の悩みは、自分だけ英語ができないことで、夫や子供からバカにされること。

 

 

特に年頃の娘は、シャシが英語が出来ないことをみっともないと考え、何かと

見下す発言を。

学校の三者面談に、英語が出来ない母親が来て恥をかいたと、シャシを責める。

 

ある日、ニューヨークに暮らす姉のマヌから、姪の結婚式を手伝ってほしいとの

連絡が入り、家族より一足先に1人でニューヨークへ行くことに。

 

飛行機で戸惑うシャシの隣に親切な男性が。

シャシが、英語の映画(ビデオ)しかないと不満をこぼすと、同時通訳を買って

でてくれ空港での別れ際、初めてのNYを楽しんで!と励ましてくれる。

 

英語がわからないシャシは、恐る恐る姪と待ち合わせをしたカフェへ。

運悪く、愛想の悪い店員に当たってしまい、注文が上手くいかずパニックになり

店を飛び出してしまう。

落ち込む彼女のもとに一部始終を見ていた男性が、コーヒーを持ってなぐさめて

くれるが、ショックで涙が止まらない。

そんな時に目に飛び込んできたのは、“4週間で英語が話せる”という英会話学校

の広告。

 

家族に内緒で通いはじめると、色々な国の英語が話せない生徒たちと出会う。

生徒の中に偶然、コーヒーを持ってなぐさめてくれたフランス人男性ロランもいた。

 

ロランの自分への思いに気付き、戸惑いながらも、仲間と一緒に英語の授業に

励んでいく。

 

英語学校の卒業検定の日が、結婚式の日と重なってしまい、出席を諦めたシャシ。

シャシを見守ってきた姪が、先生やクラスメイトを結婚式に招待する。

シャシは夫に、皆を親友だと紹介し、驚かせる。

夫は、ロランのシャシを見つめる様子にも気づく。

 

 

シャシの努力の成果を見せようと、姪がお祝いのスピーチをシャシにお願いする。

夫がシャシの代わりにスピーチをしようとするが、シャシはゆっくりと英語で

スピーチを始める。

 

英語で理想の家族のあり方を語るシャシ。

夫や娘は、シャシの思いにようやく気付き、反省する。

 

自信を取り戻したシャシは、笑顔で家族らとインドへ帰っていく。 ~fin~

 

 


 

ストーリーもさることながら、挿入歌もステキ!

 

そして、なんといってもシャシ役のシュリデヴィの美しさ!

50歳ですよ!50歳!美しすぎませんか?

ロランじゃなくても惚れます。

 

特に英語の苦手な私は、英語が出来なくてオドオドしてしまうシャシに思いっき同情。

私も以前、道を聞かれて上手く答えられず、娘に「ママの英語通じなかったね。」と

笑われた経験あり。

やっぱり英語、勉強しなくちゃ!

 

英語だけではなく、他の勉強でも、新しい仕事でも、

何かひとつでも頑張って、やり遂げた実感があれば、いくつになっても

それが自信になり、人生を変えていけるものだと感じました。

私も頑張ってみよう!