映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

「凍てつく楽園」~ヨットに響く銃声~ Morden i Sandhamn I den innersta kretsen

 

WOWOW公式サイトより抜粋

夏に富裕層が大勢訪れるリゾート地、ストックホルム群島のサンドハムン島。伝統のヨットレース“ゴットランド・ルント”が開かれ、チーム・ユリアンデルのサケラ号が予想外の優勝を果たす。だがゴール直後に何者かが、チーム率いるオスカルをライフルで狙撃。彼は命を落とす。捜査を開始したナッカ署の刑事トーマスは、オスカルには妻がいながら複数の愛人がいたこと、また彼が王立スウェーデンヨット協会“KSSS”の次期会長候補だったことをつかむ。トーマスは銀行の法務部勤めのノラに、破産処理で有名な弁護士だったオスカルが扱った過去の破産のリストについて調査を依頼し……。

 

 

 

以下ネタバレあり

 

 



 

原作は、スウェーデン女性作家、ヴィヴェカ・ステンの「夏の陽射しのなかで」。

Amazonより

【北欧発 好評シリーズ第二弾】サンドハムン島の観光シーズンを盛り上げる、恒例の外洋ヨットレース。多くの観客やマスコミが見守る中、スタートを待つ参加艇がずらりと並ぶ。鳴り響くスタートの号砲。その瞬間、レースの本命だった高名な弁護士が、自艇の舵輪の前で血を噴き出して倒れた。狙撃されたのだ。現場に居合わせたトーマス警部は直ちに捜査に着手。しかし被害者の人間関係は複雑で捜査は難航する。犯人の動機はどこに?

 


 

被害者①

オスカル・ユリアンデル  Oscar (Mats Rudal)

ヨット協会役員 弁護士

派手な生活←脅迫した金で遊ぶ

浮気の噂 ←マルティンの妻を脅し、肉体関係を。他にも愛人、隠し子が。

妻 シルビア…浮気に気付いていたが、離婚を怖がり裏切りを我慢していた。(スエーデンは保守的?)

息子 トム…父と確執あり。父は家庭よりも、カネと女遊びが大事だと話す。

 

被害者②

マルティン・ニリエン Martin (Bengt Braskered)

ヨット協会役員 オスカルに金を貸していた。

 

イングマール Ingmar

妻 イザベル

愛人 マルティン (同性愛者)

マルティンは、オスカルを嫌っていたと証言。

最近、携帯を盗まれる。←妻イザベルが盗む。

 

☆犯人 イザベル Isabelle

夫イングマールが同性愛者であり、愛人がいることは最初から気付いていた。

オスカルから、夫とマルティンのことをバラすと脅され、ゆすられていた。

お金が無くなると、体の関係も。

お金が底をつき追い詰められ、オスカルを殺害。

マルティンに夫を奪われると思い、マルティンも殺害。

1人になりたくなかったと話す。

 


 

ノラ vs 夫ヘンリック

 

ザコン夫で自分勝手な夫にうんざりしたノラは、別れを切り出す。

夫の母親は、ノラに遺産を売却するよう勧めたり、離婚はありえないと口出しし、ノラ激怒。

ところが、夫の父親がヘンリックに

「離婚してやれ。愛の無い結婚ほど悲惨なものはないぞ。2人とも幸せになれ。」 と説得。

(ヘンリックの両親は、うまくいっていなかった様子。ヘンリックの母親が離婚を拒んだのか?)

 

父親の言葉を聞き、ヘンリックは離婚届にサインを。

 

ノラは、トーマス・アンドレアソン警部に思いを寄せているようだが

離婚確定まで6か月かかるようで、自ら告白出来ない様子。

だが、トーマスは、隣の住人に「単なる友達」と説明。

幼馴染としか思っていないのか?

お似合いなんだけどな!