映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

8番目の男 JUROR 8 배심원들

韓国で2008年に導入された国民参与裁判制度をテーマにした法廷サスペンス作品。

国民が参加する陪審員裁判が初めて開かれる。

国中が注目する中、年齢・職業等異なる8名が陪審員団に選ばれた。

彼らが担当する事件は、母親殺しの殺人事件。

証拠や自白もあり、刑を量定するだけの簡単な裁判のはずだったが、裁判中

被告人が否認したため、陪審員たちは有罪か無罪かの決断を迫られることに。

 

以下続く

 

 

裁判長のジュンギョムは、冷静かつ迅速に裁判を進めていくが

8番目の陪審員であるナムが、簡単に有罪にするには納得できない部分が

多いと、質問や問題提起を繰り返し、異例の現場検証まですることになる。

 

名作「十二人の怒れる男」を観た人は、展開が予想出来てしまう。

この映画でも、陪審員8番が、ヘンリー・フォンダが演じる主人公だった。

こちらの事件は、父親殺しの罪に問われた少年の裁判。

たとえ、結末が予想出来ても、ラストで感動しました。

三谷幸喜さんの「12人の優しい日本人」(舞台)も面白い。

 

 

記者会見動画 パク・ヒョンシクさん中心