映画とドラマとロケ地 MOVIES, DRAMAS & LOCATIONS

ねたばれ感想 + ロケーションの紹介

金の亡者たち 돈 MONEY

韓国のウォール街と呼ばれる漢江・汝矣島(ヨイド)。

証券会社最大手のDM証券に入社したチョ・イルヒョンは、一流大学出身の同僚達から

かなり出遅れ、失敗続きの日々。

ある日、上司から正体不明のブローカー・ボノピョを紹介される。

イルヒョンは、ボノピョの指示通りに違法な取引をし、多額の報酬を得るが

金融監督官のハンに目を付けられることに。

 

以下ネタバレあり

 

 

主人公のイルジョン役のリュ・ジュンヨルさん。

ずっと、麒麟の川島さんに見えて仕方が無かった。

冒頭のビビりのイルジョンから、成長していく様子が楽しめる作品です。

 

謎のブローカー役には、ユ・ジテさん。

上品で優しげな笑顔が、妙にひんやりと怖い。

イケメンですが悪役がはまる俳優さんです。

 

ストーリーは、映画「ウォール街」に共通する部分が多いので

少し先が読めてしまいますが、「ウォール街」では、悪役ゴードンとバドが

師弟関係のような絆が出来ているのに対し、この作品では

あくまで、証券マンは替えのきく駒でしかなく、用無しになったら

あっさり殺してしまいます。

 

 ラストの地下鉄のシーンでは、イルジョンが刺され、金融監督官のハンが

ボノピョの前に立ちふさがるも、「証拠は?」と冷静なボノピョ。

すると、地下鉄に響くボノピョの音声が。

このシーンでは、映画「交渉人」のラストを思い出していました。

録音ではないにしろ、逃げ延びようとする犯人を追い詰める音声。

暗殺担当も逮捕され、逃げ場のない状況に。

どちらもスカッとする逆転劇でした。